Roddy Ricchの“The Box”がTikTok上でミームに

デビューアルバム『Please Excuse Me for Being Antisocial』がチャート1位を記録するなど、勢いを増している新鋭ラッパーRoddy Ricch。そんな彼の楽曲“The Box”が、TikTok上でミームとなり流行しているようだ。

Geniusによると、“The Box”がミームとなるきっかけを作ったのは@jaywill4realというTikTokユーザー。彼は「どうやってRoddy Ricchが“The Box”を作ったか」というタイトルの動画を投稿。“The Box”のトラックに含まれるシンセの音が洗面所のガラスを拭く音に似ている、とのアイデアから、激しく窓を拭きながら“The Box”に合わせて踊るという内容になっている。

@jaywill4realThis how Roddy Ricch made The Box 😂😂 #music #foryou #foryoupage #featureme♬ The Box - Roddy Ricch

12月9日にTikTokに公開されて以来、動画は25万件以上の「いいね」を獲得。さらに動画がTwitterに転載されると、再生回数が200万を超えることとなった。さらに“The Box”自体の人気も急上昇し、動画が投稿されて以来Geniusの同曲のページは1日あたり30000PVを記録するようになったそう。Roddy Ricchにとっても寝耳に水だったことだろう。

動画を作成した@jaywill4realはヒップホップの楽曲を題材としたネタ動画を得意としており、Kanye Westの最新作『JESUS IS KING』に収録された“Use The Gospel”のピアノのサウンドが車のドアを閉め忘れた際に鳴る音と似ている、というアイデアの動画も人気があるようだ。

TikTok発のヒット曲であるLil Nas Xの“Old Town Road”が全米チャート史上最長1位を獲得し歴史に名を刻むなど、もはやミュージシャンにとっても侮れない存在となっているTikTok。次はどんな楽曲がバズるのだろうか?

related

【特集】TikTok発のバイラルヒットについてアーティストはどのように考えているか

今回はTikTokをきっかけにバイラルヒットした国内のヒップホップソングの一部を紹介していく。更に、楽曲を制作したアーティストや、楽曲を使用したTikTokerにミニインタビューを行った。

Roddy Ricchが「Jay-ZやDrakeのようなキャリアを真似することは出来ない」と持論を語る

“The Box”や“Ballin'”で注目され、また今年はDaBabyとの“ROCKSTAR”が大ヒットするといった活躍を見せたRoddy Ricch。次世代のトップラッパーとして大きな期待を集めている彼が、自身の今後のキャリアについて持論を述べている。

TikTokで活動する10代のインフルエンサーがAshantiの“Foolish”を自身の曲として発表し炎上

10代を中心に広く親しまれ、今や音楽シーンにとっても無視できないプラットフォームとなったTikTok。ビデオに使用された楽曲がバイラルヒットし、またTikTok発のインフルエンサーやセレブも多く現れている中、10代のTikTokスターがとある騒動を巻き起こしたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。