BARBER SAKOTAの4周年を記念したTシャツが発売

東京・下高井戸で街の床屋として「どなたでも気軽に立ち寄れる店」をモットーに営業してきたBARBER SAKOTAが6月で4周年を迎えた。

4周年を記念するアイテムとして店主である迫田がかつて勤務していたハンバーガーショップ時代から親交を持つ、イラストレーターのKEITA INOUEによるバーバーならではのアイテムが描かれたイラストをバックプリントに大胆に使用したTシャツを2型発売する。

アニバーサリーアイテムは今年ローンチしたBARBER SAKOTAのオンラインストア限定で販売予定で、これまでなかなかお店に足を運べなかった方や遠方の方でも手に入れるチャンスとなっている。

Info

サイズ展開:S・M・L・XL・2XL

プライス:各¥6000+TAX

発売日:2020年6月27日(土)21:00〜

発売店舗:「BARBER SAKOTA」オンラインストアのみでの販売

related

BEST BUY 2020 Selected by 迫田将輝(BARBER SAKOTA)

今回は下高井戸の人気バーバーショップBARBER SAKOTAの店主であり、今月には経堂に2号店cut house KYODOをオープンした迫田将輝が登場。

経堂にBARBER SAKOTAの姉妹店CUT HOUSE KYODOがオープン

近年再開発が盛んな小田急沿線のなかでも特に活気にあふれる街として知られ、学生街としても人気のエリア・経堂にBARBER SAKOTAの姉妹店CUT HOUSE KYODOがオープンした。

BARBER SAKOTAから待望のヘアグリースが誕生

下高井戸の人気バーバーショップ・BARBER SAKOTAから待望のヘアグリース「SHIMOTAKAIDO QUALITY」が誕生。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。