『AVYSS GAZE」の第三回目がCVNやlil beamz、okadadaなどが出演して開催

存続の危機にさらされている音楽メディア・プラットフォームAVYSSへのドネーション企画としてスタートした独自のバーチャル配信プログラム『AVYSS GAZE」の第三回目が、7/5(日)に開催される。

今回はYouTube配信に加えて、バーチャルSNSのcluster内にオリジナルの仮想ナイトクラブを構築。3フロアあるクラブ内ではゾンビが踊り、ボールが跳ね、武器が用意してある。FPS視点のゲーム要素も盛り込んだアトラクション性の高いオリジナルナイトクラブで、ユーザーはアバターを使用して遊ぶことができる。

ラインナップにはAVYSSのディレクターでもあり最新EP『Egg』をリリースしたCVN、アニメーションからの影響を受けた楽曲をリリースしているlil beamzや、メジャーインディ関係なく幅広いシーンから絶大な信頼を得るDJのokadadaなど7組が出演する。配信チケットはAVYSSのオンラインショップにて本日より早割チケットが購入可能となっている。

Info

AVYSS GAZE vol.3
2020.07.05 (sun)
VENUE / cluster & YouTube
START / 20:00

○ACT (A-Z)
BBBBBBB
cotto center
CVN
lil beamz
noripi
okadada
玉名ラーメン

○配信チケット
早割 900yen (6/30から通常チケット)
Tシャツ付き早割チケット 4200yen
チケット購入:https://avyss-shop.com/ (6/23 19時オープン)
イベント当日、限定公開URLを購入の際の登録アドレスにお送りします。

○cluster
clusterの参加希望者は下記のアドレスまで件名に「AVYSS GAZE vol.3」と書いてメールをお送りください。当日イベントURLをお送りします。
avyssgaze@gmail.com

related

KNOTTとlil beamzによるエモーショナルなコラボ曲"Dystopia"がリリース

プロデューサーユニットのKNOTTとラッパーのlil beamzによるコラボ曲"Dystopia"が、本日9/17(土)にリリースされた。

Seiho Interviewed by okadada | 『着いたけど、どこいる?』

近年はおでん屋「そのとうり」、和菓子屋「かんたんなゆめ」のプロデュースなど、音楽だけでなく活動の幅を広げているSeihoが3年ぶりの単独公演を5/14(土)に渋谷 Spotify O-EASTで開催する。

Seihoの3年ぶりの単独公演にOtagiri w/ DJ MAYAKU、okadadaとPharakami SandersによるTerror Fingersも出演

Seihoが3年ぶりに開催する単独公演『着いたけど、どこいる?』の追加出演者が発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。