21 SavageがInstagramライブでR&Bの名曲たちを熱唱

世界的に自宅で過ごす人が多かったであろう先週末。外出が難しくなったことを受けて各々が自宅での楽しみ方を模索する中、21 SavageがInstagramライブでコンサートを開催した。といっても自身の曲を歌うのではなく、R&Bの名曲たちのカバーを披露したのである。

Complexによると、21 Savageは昨日Instagramでライブ配信を開始。そこでAaliyahの“Come Over”、Beyoncéの "Me, Myself, & I"、Brandyの“ I Wanna Be Down”などR&Bのクラシックチューンのカバーを多数披露した。

以前もInstagramで同様のカラオケを披露して話題を呼んでいた21 Savage。その歌声は様々な意味で定評のあるものだが、今回もご機嫌な歌声を披露しファンを喜ばせている。

先日は「コロナウイルスに感染したかもしれない」と心配している様子を見せ、さらにアトランタのプロデューサー、ラッパーであるYoung Chopから謎のビーフを仕掛けられるなどトラブル続きの彼だったが、どうやら元気で居続けているようで何よりといったところだろうか。

ここ最近の世相によって気分が落ち込んでいる方は、是非とも21 savageの歌声を聴いて笑顔を取り戻してほしい。

related

【レビュー】21 Savage & Metro Boomin 『Savage Mode 2』| 前作の型にはまらないコンテクストの充実

予想通りアメリカのビルボードチャートで初登場1位を奪取した21 Savage & Metro Boominのコラボ作『Savage Mode 2』。波乱の2020年のヒップホップシーンを代表する作品は、21 SavageとMetro Boominを歴史上最も成功したラッパーとプロデューサー...

21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

21 Savageが新型コロナウイルスの影響を受けた若者向けに経済の教育プログラムを開始

以前は子供向けの教育プログラム『21 Savage Bank Account』を設立していた21 Savage。そんな彼が新たな試みとして、新型コロナウイルスのパンデミック下で経済的な打撃を受けた学生たちを支援する『Bank Account at Home』をアナウンスした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。