Young Chopが突如21 Savageをディス

Chief Keefの楽曲を手掛けていることなどで知られるプロデューサー、ラッパーのYoung Chop。そんな彼が、突如として21 Savageにビーフを仕掛けたことが話題を呼んでいる。

XXLによると、今週土曜日にInstagramライブを行ったYoung Chopは配信中に「事実を言ってやるよ。ある野郎の名前だ。21、お前はビッチだ。どうした?」と21 Savageをディス。「俺はアトランタにいる。21、俺たちは同じ地域で生きてるんだ。みんなに教えてやれよ。同じ地域に生きて、同じウォルマートに通うんだ。」「お前がジュエリーを着けて歩かない理由をみんなに教えてやれよ。お前が腰抜けだからだ。ビッチめ。俺はジュエリーを全部着けて歩き回ってるぜ。俺がリアルだ。なあ、どうしたんだよ?」とまくしたて、とにかく21 Savageが腰抜けであるとして挑発し続けている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#youngchop speaks on #21savage .. flex sum then 👀👀

DJVONTV(@djvontv)がシェアした投稿 -

何の前触れもないこのディスにファンの間でも困惑が広がる中、当の21 SavageはInstagramのストーリーにて「奴のテープが出たらみんな買ってやれよ、名声が欲しいみたいだからな。」と、Young Chopが話題作りを目的としてビーフを仕掛けたとして煽った後に大量の腕時計の写真を公開し「100万は持ってる。これも半分に満たないはずだ」と財産をフレックスした。

21 Savage本人は乗る意思が無いようにも思われるこのビーフ。果たしてYoung Chopは今後どのような動きを見せるのだろうか。

related

21 Savageが新型コロナウイルスの影響を受けた若者向けに経済の教育プログラムを開始

以前は子供向けの教育プログラム『21 Savage Bank Account』を設立していた21 Savage。そんな彼が新たな試みとして、新型コロナウイルスのパンデミック下で経済的な打撃を受けた学生たちを支援する『Bank Account at Home』をアナウンスした。

21 SavageがInstagramライブでR&Bの名曲たちを熱唱

世界的に自宅で過ごす人が多かったであろう先週末。外出が難しくなったことを受けて各々が自宅での楽しみ方を模索する中、21 SavageがInstagramライブでコンサートを開催した。といっても自身の曲を歌うのではなく、R&Bの名曲たちのカバーを披露したのである。

グラミー賞で最優秀ラップ楽曲賞を受賞した21 Savageの “a lot”のビートが1時間で作られたことが明かされる

いよいよやって来たグラミー賞発表の季節。ヒップホップファンにとってきになる賞はやはり最優秀ラップアルバムと最優秀ラップ楽曲だが、今年は21 SavageとJ. Coleの“a lot”が最優秀ラップ楽曲賞を受賞。そんな同曲のビートが、わずか1時間で作られたものであることが明かされている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。