【特集】FUTURA LABORATORIES × NIGOLD by CO:LABS | 5人のアーティスト、デザイナー、ショップオーナーが語る2人の魅力

NYを拠点に70年代からグラフィティを描き続けているレジェンドFUTURA LABORATORIESと、90年代から日本のストリートファッションを牽引してきたレジェンドNIGOLDによるコラボプロジェクトがCO:LABSでスタート。

FNMNLではこの企画を記念して、両者の作品に触れてきたアーティストやデザイナーなどへのインタビューを敢行。それぞれの視点から、両者の作品との出会いや、想いなどを語ってもらった。

Vol. 1 GORO (MIN-NANO / TOXGO)

Vol.1では東京で独自の存在感を示し続けているショップMIN-NANOとTOXGOのオーナーを務め、自身も様々なブランドともコラボレーションを行っているGOROが登場

インタビュー記事はこちら

Vol. 2 JP THE WAVY

Vol.2では独自のスタイルでファッションシーンでも注目されるラッパーで待望の1stアルバム『LIFE IS WAVY』を4月にリリースするJP THE WAVYが登場。

インタビュー記事はこちら

Vol. 3 GUCCIMAZE

Vol.3では独特なシェイプのタイポグラフィや、鮮やかかつダークさの漂う色彩のグラフィック制作でNicki MinajやPost Malone、Fetty Wap、Flying Lotusなどにも作品を提供するGUCCIMAZEが登場。

インタビュー記事はこちら

Vol. 4 Bose

Vol.4はデビュー30周年を迎え最新作『シン・スチャダラ大作戦』を4月にリリースするスチャダラパーのBose。90年代前半から親交があるBoseしか語れない両者のエピソードとは。

インタビュー記事はこちら

Vol. 5 須田アンナ

Vol.5はE-girls、Happiness、スダンナユズユリーのメンバーである須田アンナが登場。過去にHappinessの楽曲のヴィジュアルディレクションをNIGOが行ったこともあり親交がある須田だからこそ語れるNIGOの一面や、須田自身がファッションで重要にしているポイントなどを訊いた

インタビュー記事はこちら

Info

インタビューにも登場しているFUTURA LABORATORIES × NIGOLDのMA-1などをはじめ、CO:LABS限定のスペシャルコラボアイテムを抽選でプレゼント。詳細は下記から。

https://colabs.jp/Articles/Design/futura-nigold-conversion

related

【特集】FUTURA LABORATORIES × NIGOLD by CO:LABS Vol.5|須田アンナが語る自己表現としてのファッションとNIGO

NYを拠点に70年代からグラフィティを描き続けているレジェンドFUTURA LABORATORIESと、90年代から日本のストリートファッションを牽引してきたレジェンドNIGOLDによるコラボプロジェクトがCO:LABSでスタートした。

【特集】FUTURA LABORATORIES × NIGOLD by CO:LABS Vol.4|Boseが語る2人の魅力

NYを拠点に70年代からグラフィティを描き続けているレジェンドFUTURA LABORATORIESと、90年代から日本のストリートファッションを牽引してきたレジェンドNIGOLDによるコラボプロジェクトがCO:LABSでスタートした。

OFF-WHITE × Futura 2000のコラボレーションアイテムが発売

2020SSコレクションにてOFF-WHITEから、ニューヨークのグラフィティアート界のレジェンド、Futura 2000とのコラボレーションアイテムが発売された。 ジャン=ミシェル・バスキアやキース・ヘリングの仲間であったFutura 2000の作品は、以前は社会から正当な評価を受けることが...

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。