Virgil AblohがTyler, The Creatorのグラミー賞に対するコメントについて「全く同じ感情だ」と同意を示す

2020年グラミー賞にて最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。受賞後のインタビューにて自身の音楽を「ラップ」や「アーバン」というジャンルのみにカテゴライズされることへの不満を語り話題を呼んだ彼だが、そんな彼にOff-WhiteのデザインやLouis Vuittonのメンズウェアを手がけるVirgil Ablohが賛同の意を表明している。

Tyler, The Creatorはグラミーの選考について「ジャンルを超えたことをやっているのに、あいつらはいつも“ラップ”や“アーバン”ってカテゴリーに俺たちを押し込むだろ。“アーバン”って言葉は好きじゃないんだ。Nワードをポリティカリーコレクトネスに配慮して言っているだけのように思える。だから、そう言われると“なんで俺たちはポップじゃいけないんだ?”って思うんだよ。だから、ラップでノミネートされたときも心のどこかで皮肉なお世辞のように感じてしまった」と語っていた。

Complexによると、Virgil AblohはInstagramにてTylerのこの発言を引用し、彼を「若く、賢く、才能がある」と称賛。続いて「俺は“ストリートウェア”という言葉を聞くと全く同じ感情を抱くよ」として、Tylerが「アーバン」という言葉について語った部分に対しVirgil自身のフィールドから同意を示している。

 

この投稿をInstagramで見る

 

young, wise, and gifted @feliciathegoat. exact sentiment when I hear the word “streetwear”

@ virgilablohがシェアした投稿 -

ヒップホップを出自としながらも、今やOff-WhiteやLouis Vuittonでモードの最先端を行くVirgil Abloh。彼自身もアフリカ系であることやヒップホップシーンとの繋がりによって「ストリートウェア」のカテゴリーに押し込められることに疑問を抱いていることが分かる。

人種や表面的な部分によってカルチャーをカテゴライズする風潮に対しては、今後も様々な問題提起が起こりそうな気配だ。

related

Virgil AblohがデザインしたPop Smokeのアルバムのアートワークが不評を買い変更か

今年2月に銃撃によって命を落としたPop Smoke。彼のデビューアルバムにして最後のアルバムとなる作品が今月リリースされるとアナウンスされていたが、今回、Virgil Ablohが手掛けた同作のアートワークが物議を醸している。

Tyler, The CreatorがOdd Futureの新作がリリースされる可能性を「ありえない」と否定

昨年リリースのアルバム『IGOR』でグラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞するなど、今やアーティストとして不動の地位を確立したTyler, The Creator。そんな彼といえばFrank Ocean、Earl Sweatshirtらを擁するコレクティブOdd Futureのリーダーとしてデビューしたが、現在は活動を実質的に休止している同コレクティブについてTylerが語っている。

グラミー最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creatorがカテゴリー分けへの疑問を呈す

昨日開催された2020年グラミー賞授賞式にて、アルバム『IGOR』で最優秀ラップアルバム賞を受賞したTyler, The Creator。エキシビションでの圧倒的なパフォーマンスも話題となっている彼が、グラミー賞の選考や音楽ジャンルの分け方に対する持論を語っている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。