Giuseppe ZanottiとSwae Leeによるフットウェアコレクションがリリース

イタリアの高級靴ブランドGiuseppe Zanottiと、Rae SremmurdのSwae Leeによるコラボコレクション『Giuseppe for Swae Lee』が発表された。

今回のコラボコレクションは、輝くブロックヒールブーツと個性が際立つスエードローファー、美しく装飾されたスニーカーからなるコレクションで、1/31(金)に全世界でローンチされる。このコレクションは、Giuseppe Zanottiの象徴的なスタイルにSwaeのトレードマークを注ぎ込んだコレクションになっている。鮮やかなブルーのモチーフの刺繍を全体に施したシルバーグリッターブーツが登場し、Swaeの好きなピンクは、キャンバスブーツ、スエードローファー、「Blabber」スニーカーのベースカラーとして、さらにはフラワーモチーフのアクセントカラーとして用いられている。華やかなフラワーモチーフは、ブーツの豪華な刺繍や、ローカット&ハイカット「Blabber」スニーカーのハンドペイントで表現となっている。

「Swaeの大胆不敵さに惹かれました」とGiuseppe Zanottiはコメント、「タフでソフト、 ラグジュアリーでストリートといったような様々な世界を、自然に股にかけている。信じられないほどオーセンティックなタッチを持っています」と絶賛した。

Info

GIUSEPPE ZANOTTI JAPAN (ジュゼッペ ザノッティ ジャパン) TEL: 03-6894-7510 https://www.giuseppezanotti.com/jp

related

Mike Will Made Itが「Swae Leeが次のアルバムのために700曲以上を作った」と語る

ラッパーが制作した楽曲の数について過剰な数字を言うことで、技術や制作スピードの速さをフレックスすることは珍しくない。例えばYoung Thugは以前「これまでに15000曲をレコーディングした」との発言を行なっており、またAnderson. Paakの「65000曲のストックがある」という衝撃の言葉も話題を呼んだ。今回、ニューアルバムの制作を終えたばかりのSwae LeeについてMike Will Made Itが驚くような発言をしている。

Swae LeeがDrakeとのコラボ曲を批判したJoe Buddenに対し反論のビデオメッセージを発表

先日、Drakeとのコラボ曲“Won’t Be Late”をリリースし話題を呼んだSwae Lee。そんな彼と、Lil Yachtyを始め若手のラッパーと度々ビーフを起こすことで知られるJoe Buddenとの間にトラブルが発生しているようだ。

Swae Leeが #BottleCapChallenge を見事に成功させる

ここ数週間でSNSを中心に反響を呼んでいるボトルキャップチャレンジ。緩めたボトルのキャップを回し蹴りによって開けるというこのチャレンジに、ハリウッド俳優のJason Stathamやアクション俳優のDonnie Yenなどが参加し、話題を呼んでいる。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。