WON¥ENがSALUとELIONEを客演に迎えた新曲"Only One"のミュージックビデオを公開

神奈川・厚木を拠点とするラッパーで、同郷のSALUのアルバム『GIFTED』にも参加していたラッパーのWON¥EN (ウォン・エン)が、そのSALUとELIONEを客演に迎えた新曲"Only One"のミュージックビデオを公開した。

韓国と日本をルーツに持つWON¥ENは、日本国旗と韓国国旗のタトゥーを腕に入れる程、二つの国を愛しているという。リリースは過去にないが、ストリートで培われた経験から紡がれるリリックは、エモーショナルかつポップさも両立している。

"Only One"は4月にリリースを予定しているデビューアルバム『Red Blue』からの一曲で サウンド・プロデュースをELIONEが担当。ビデオのディレクターは、Spikey Johnが担当。雨の厚木を舞台に撮影された。

related

SALUが3年ぶりのワンマンライブを地元・厚木で開催

SALUがおよそ3年ぶりとなるワンマンライブ『welcome to ATSUGI』を、12/10(土)に地元・厚木のサンダースネイク厚木で開催する。

SALUが約1年半ぶりのEP『GOD LOVES YOU』を来週リリース | AKLO、JP THE WAVYが参加

SALUが約1年半振りとなる新作EP『GOD LOVES YOU』を、11/16(水)にリリースする。

Ken Francisが初のEP『So Icy, but I’m 18』をリリース | JP THE WAVYやELIONE、eyden、太郎忍者などが参加

『ラップスタア誕生 2021』に出場し12月には自身初となるシングル『So Icy』をリリースした大阪出身のラッパーKen Francisが、初のEP『So Icy, but I’m 18』を発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。