Juice WRLDが命を落とした日に彼の楽曲がアメリカで最も多くストリーミング再生されていたことが明らかに

先日、21歳の若さで急死したことが報じられ世界に衝撃を与えたJuice WRLD。彼が命を落としてしまった当日、彼の楽曲がアメリカで最も多くストリーミング再生されていたことが明らかとなった。

XXLによると、急死が報じられた直後からJuice WRLDの楽曲の再生回数が爆発的に増加したことが今週火曜日にRolling Stoneによって発表された。日曜の時点で彼の楽曲は合計3820万回以上の再生を記録。同日に他のアーティストが記録した再生回数より2400万回多くストリーミング再生されたこととなる。

死が報道された日、彼の遺作となった2ndアルバム『Death Race for Love』はフィジカルとデジタルでのリリースを合わせて10,300枚以上の売り上げを記録。1stアルバム『Goodbye&Good Riddance』も13,000枚以上を売り上げた。さらに、彼の代表曲である“Lucid Dreams”は彼の死が報道された12月8日に最も多く再生された楽曲となり、3,000件以上のデジタルダウンロードを記録。その記録に “Legends”、“Robbery”、“All Girls Are The Same”が続いており、多くの人がJuice WRLDの楽曲を聴いて彼に思いを馳せていたことが分かる。

警察の捜査から逃れるためにパーコセットを大量に服用した、というあまりに残念な死因が明らかとなったが、今後もJuice WRLDの楽曲は多くの人に愛され、長く聴き継がれて行くことだろう。

related

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

Juice WRLDの未発表曲が約2000曲遺されていることが明らかに

昨年末に地元・シカゴの空港でオーバードーズを起こし帰らぬ人となったJuice WRLD。生前からレコーディングスピードの速さについても話題になっていた彼だが、遺されていた未発表曲が約2000曲にものぼることをTMZが報じている。

急逝したJuice WRLDの死因がオーバードーズによるものだったと明かされる

昨年12月に地元シカゴの空港で急逝したJuice WRLDの死因が発表された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。