The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Mars89

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、UNDER COVERのショーや、Louis Vuittonへの楽曲提供を手掛け、本日UNDERCOVER RECORDSから『THE DROOGS』をリリースしたDJ/トラックメイカーのMars89。

 

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by Mars89

311

 

コメント

経験した人の意識を根底から揺さぶる出来事だったと思う。
故にあれ以降の全ての表現は影響を受けていると言っても過言ではないと思う。

 

2020年代はどのように過ごしたい?

ジャンル問わずどんどん作品を作っていきたい。

 

Info

UNDERCOVER RECORDSから新しいレコードが出ました!
買ってね。

https://www.mars89.com/

 

Mars89

Mars89は現在東京を拠点に活動しているDJ/Composerである。 2016年にEP『East End Chaos』をリリース。そして、それを足がかりに2017年に『Lucid Dream EP』をBristolを拠点とするレーベルBokeh Versionsからダブプレートとカセットテープというフォーマットでリリース。2018年にはアジアツアーや大型フェスへの出演を経て、Bokeh Versionsから12インチ『End Of The Death』をリリース。主要メディアで高く評価され、あらゆるラジオで繰り返しプレイされた。UNDERCOVER 2019A/WのShowや田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、Louis Vuitton 2019A/W Mensの広告映像の楽曲などを担当。 BristolのNoods Radioではレジデントをつとめている。

related

野外フェス『DISTANCE』にDJ Nobu、Soichi Terada、Mars89 食品まつり a.k.a. foodmanらエレクトロニックミュージックの最前線を担うアーティストが出演

エレクトロニックミュージックの最前線で活躍している気鋭のアーティストたちが集う野外フェス『DISTANCE』が、静岡県沼津市の「泊まれる公園」INN THE PARKにて、2020年11月6日(金)〜8日(日)の3日間に渡り初開催される。

ヘッドフォンブランドAIAIAIによるミックスシリーズにMars89が登場

デンマーク生まれのヘッドフォンブランドAIAIAIによるミックスシリーズにMars89が登場している。 AIAIAI.AUDIO · AIAIAI Mix 016 - MARS89 PhewやGoldie、Aphex Twinなどの楽曲が用いられたミックスについてMars89は「都市の...

ストリートカルチャーマガジン『DAWN』がコロナ禍の特別号を発売 | Mars89、マヒトゥ・ザ・ピーポーなども登場し、Seihoや、佐久間裕美子、荏開津広も寄稿

インディペンデントのストリートカルチャーマガジンとして、昨年11月に発刊し即完売となった『DAWN』が『DAWN N°1.5 Survival Issue』を8/22(土)に発売する。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。