The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SEEDA

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回は、数々の日本語ラップのクラシックを生み出し、YouTube番組『ニートtokyo』を主宰するなど、音楽以外でもクリエイティヴな活動が活発なラッパー、SEEDA。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by SEEDA

SoundCloud/YouTube と XXXTENTACION

コメント

自分の世代は音楽を買っていたので 無料で聴けるのがスタンダードになったのが印象深いです。
XXXTENTACIONの死は、俺にとっても 2PACと同等のインパクトでした。NEVERっていう曲が好きです。

子供が産まれた事も最大に嬉しかったです。

2020年代はどのように過ごしたい?

1月17日に自分をモデルにした映画『花と雨』が劇場公開されます。曲もリリースするので是非チェックお願いします。個人チャンネル『SEEDA』と毎晩9pmアップロード 『ニートtokyo』のご登録も宜しくお願いします。

SEEDA

東京都出身。幼少期をロンドンで過ごす。バイリンガルスタイルのキレのあるラップでストリートの詩情を切り取り、早逝した姉への思いを歌ったアルバムのタイトル曲などを収録した記念碑的作品『花と雨』(2006)をはじめとして、これまで数多くのクラシックを生み出した。2009年12月にリリースしたシングル「WISDOM」はオリコンデイリーチャートにて最高5位を記録、ウィークリーチャートでも8位と初のオリコン一桁台のランクイン。2010年8月アルバム『BREATHE』をリリース。i-Tunes総合チャート最高2位、オリコンインディーズチャート2位を記録した。他に日本のヒップホップのイノベーターとして、主に時の若手の楽曲を集めたMIX CD『CONCRETE GREEN』シリーズ(2006~)をDJ ISSOと制作、また現在では毎日更新のYouTube番組ニートtokyo(2017~)を主宰するなど、楽曲以外のクリエイションの評価も高い。

related

BEST BUY 2020 Selected by SEEDA

今回は数々の日本語ラップクラシックを生み出し、YouTubeチャンネル「ニートtokyo」を主宰、先月リリースの新曲"Nakamura"も話題を呼ぶSEEDAが登場。

SEEDAが南アフリカ出身のプロデューサーGhostpopsが手がけたドリル的なアプローチの新曲"Nakamura"をリリース

SEEDAが南アフリカ出身で現在は東京在住のプロデューサーGhostpopsが手がけた新曲"Nakamura"を、本日12/2(水)にリリースした。

『夏の魔物』によりKOHHやTohji、ゆるふわギャング、5lack、SEEDA、Jin Dogg、鎮座DOPENESSなどが手塚プロのキャラクター化

YouTubeにて10/19(月)~10/23(金)、幕張メッセイベントホールで10/24(土)~10/25(日)に開催される『夏の魔物』による新シリーズ『夏の魔物SPECIAL MAMONOISM』が手塚プロダクションにアートワークを依頼し、描き下ろしされた出演者イラストが公開となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。