Lil Pumpが「俺は今地球上で1番アツいラッパーだ」と主張

先日、突如として「俺はマイアミの王だ」と宣言し、久々に彼らしい大胆な言動を見せたLil Pump。そんな彼が今回、自身のInstagramにて改めて自分がこの地球上で最もアツいラッパーだと主張した。

先週土曜日、彼は自身のInstagramに動画を投稿。相変わらずのハイテンションでまくし立てている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

IM THE HOTTEST RAPPER IN THE PLANET RN IM LOOKING TO SIGN TO NEW ARTIST TAG EM BELOW

Lil Pump Jetski(@lilpump)がシェアした投稿 -


「よお、俺は今1番アツいラッパーだぜ」と話し始めたPumpは続けて、「俺はスペインのビルボードチャートで13位をゲットした。だから、俺は今俺とサインする新しいアーティストを探しているんだ。だから、もしLil Pumpと契約したかったら、是非チームに加わってくれ」と自身と契約したいアーティストはいないかと呼びかけた。スペインのシングルチャートで13位を獲得するのは十分すごいことなのだが、それで自身のことを1番アツいラッパーと言えるのは彼しかいないだろう。また、上記の投稿のキャプションにも「俺は今この地球上で最もアツいラッパーだ」とPumpは綴っており、相当な自信がうかがえる。

ちなみに彼がスペインのビルボードシングルチャートで13位を獲得したのはラテン系ラッパーEl Alfaとのコラボ楽曲“Coronao Now”だ。

キャッチーなフックが印象的であるとともに、やはりLil Pumpはラップのスキルだけは相変わらず高いと感じさせる楽曲だ。

デビューアルバム『Harvard Dropout』のリリース以降、あまり精力的な活動を見せていないLil Pumpだが、今後また勢いを強めていくのだろうか。

related

Lil Pumpが先日の引退宣言を撤回し新曲をアナウンス

先週土曜、突如として「俺の音楽活動は終わった。辞めるよ」と引退を宣言したLil Pump。そんな彼が、やはりと言うべきか引退宣言をわずか数日で撤回した。

Lil Pumpが音楽活動からの引退を宣言

お騒がせラッパーとして知られるLil Pumpが音楽活動からの引退を宣言した。

Lil Pumpが突如「俺はマイアミの王だ」と主張

Lil Pumpといえば「俺がいるからSoundCloudが存在している」や「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」などの大胆な発言や、ガソリンスタンドで煙草を吸うなどの過激な行動で連日世間を賑わせてきたイメージだが、ここ数ヶ月は鳴りを潜め、落ち着いたと思われていた。しかし、やはり彼は変わっていなかったようで、突如「俺はマイアミの王だ」と宣言をしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。