Wu-Tang Clanメンバーの息子たちがラップグループ2nd Generation Wuを結成

今年の5月には地元スタッテン島にグループの名を冠した地区が設置されるなど、結成から25年以上の時を経ても未だに高い人気を誇り続けるWu-Tang Clan。そんな彼らの息子たちが、なんとラップグループ2nd Generation Wuを結成したようだ。

XXLによると、今回グループを結成したのはMethod Manの息子Pxwer、Ghostface Killahの息子Sun God、U-Godの息子iNTeLL、Ol’ Dirty Bastardの息子Young Dirty Bastardの4人。彼らはそれぞれラッパーとしてのキャリアを積み重ねており、中でもYoung Dirty Bastardは2004年に命を落とした父に代わってWu-Tangのオリジナルメンバーに混ざりライブに出演し、若かりし頃のOl’ Dirty Bastardが憑依したようなパフォーマンスで評価されてきた。

新グループのメンバーiNTeLLはsiliveの取材に対し「成長する中で、俺は常に“俺は俺で、父親は父親だ”という気持ちだった。俺たちは“Wu-Tang is forever”の次のラインに立っているが、同時に全員が独自のサウンドを持っていて、一緒にやる準備が出来てるんだ」と語っている。

2nd Generation Wuは既にデビュー曲“7.O.D”をリリースしている。Wu-Tang Clanのクラシック“C.R.E.A.M.”を大胆にもサンプリングした楽曲となっており、父親たちが作り上げた遺産を次世代に継承して行く意志を感じさせるようだ。

未だ精力的に活動するWu-Tang Clanと共に、息子たちの活躍も要チェックである。

related

「全米一の嫌われ者」と呼ばれるMartin ShkreliがWu-Tang Clanの幻のアルバムを約2億円で購入した一件がNetflixでドキュメンタリー化

2015年、Wu-Tang Clanの世界に一枚しかないアルバム『Once Upon A Time In Shaolin』を、大富豪Martin Shkreliが200万ドル(約2億1200万円)という高額で購入した一件を覚えているだろうか?AIDS治療薬の大幅な値上げの原因となり、またその言動によって「全米一の嫌われ者」と呼ばれた彼がWu-Tangの幻のアルバムを購入したことは当時大きな話題を呼んだが、今回、その一件をめぐるがNetflixオリジナルでドキュメンタリー化されることが報じられている。

RZAがクレジットカードを止められた訴訟相手をホテルに泊めてあげた経験を明かす

ここ最近は自身の愛するカンフー映画や格闘技を配信するプラットフォームを設立するなど、新たな試みを精力的に行なっているWu-Tang ClanのRZA。そんな彼が、Wu-Tang Clanと同じくレジェンドであるプロデューサーRick Rubinに対しWu-Tangの他のメンバーとの現在の関係について語っている。

Wu-Tang ClanのRZAが自身の愛するカンフー映画や時代劇を解説つきで配信するプラットフォームを設立

カンフー映画や時代劇などの熱烈なファンとして知られるWu-Tang ClanのRZA。Wu-Tang Clanの楽曲にもこれらの映画の声や効果音を多くサンプリングするなど深い愛を持っている彼が、自身が偏愛する映画の解説をライブ配信するようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。