ニューヨークにWu-Tang Clanの名を冠した「Wu-Tang Clan地区」が完成|Ghostface Killah、Raekwonらが式典に出席

以前、ニューヨークにWu-Tang ClanとNotorious B.I.G.の名を冠した通りが出来ることが報じられたが、いよいよ「Wu-Tang Clan地区」がニューヨークに現れたようだ。

Complexが報じるところによると、Wu-Tang Clanの故郷であるニューヨークのスタッテン島にて昨日「Wu-Tang Clan地区」の完成を記念する式典が行われたそう。雨が降っている中Wu-Tang Clanのファンと地元住民の多くが式典に現れ、標識が現れた際には大きな「Wu-Tang」コールが起こっている。

View this post on Instagram

Yeah Lord .... Divine Handling Business #wutangforever #wutangclandistrict

Tony Starks - Wu Tang -さん(@realghostfacekillah)がシェアした投稿 -

et

またGhostface KillahやRaekwonなどのWu-Tang Clanメンバーも式典に登場し完成を祝っている。

View this post on Instagram

History !!!! #wutangforever #wutangclandistrict

Tony Starks - Wu Tang -さん(@realghostfacekillah)がシェアした投稿 -

Ghostface Killahは「夢を見てるようだ。25年越しに、自分たちのクルーが地区の名前になるなんてな」「みんなに言いたいのは、不可能なんて無いってことだ。こんな日が来るなんて思ってもいなかった。俺たちがイルなMCだってことは知ってたが、ここまで来るなんて」とスピーチし、感慨を露わにした。

「Wu-Tang Clan地区」の標識はTargee通りとVanderbill通りの交差点に位置する。今後も世界中から多くのファンが訪れ、彼らの偉大な功績に勇気づけられることだろう。

RELATED

昨年公開されたWu-Tang Clanのドキュメンタリー『For The Children』の続編がアメリカで公開決定

日本では昨年に映画『キックス』と同時上映されたWu-Tang Clanのドキュメンタリーシリーズ『For The Children』の続編がアメリカで公開されることが決定した。

Notorious B.I.G.とWu-Tang Clanがニューヨークの通りの名前に

東海岸のヒップホップレジェンドであるNotorious B.I.G.とWu-Tang Clanの名を冠した通りがニューヨークに出来ることが明らかとなった。

Wu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場

ヒップホップ史上屈指の名盤である1st『Enter The Wu-Tang (36 Chambers)』の発売から25周年を迎えたWu-Tang ClanがNPRの人気企画『Tiny Desk Concert』に登場した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。