BALと国際社会におけるアイデンティ、マイグレーション、イマジネーションをテーマにするJose Parlaのコラボレーションプロジェクトが発売

BALがアメリカの抽象表現主義の系譜を引き継ぐ作家でワールドワイドに注目を集める現代アーティストJose Parlaとのコラボプロジェクトを発売する。

Jose Parlaの作品はキャンバス上に意図的に描き出されたレイヤー、コラージュ、リズミカルな筆致が創造的に結びつけられた独特なスタイルで知られ、記憶と痕跡が刻まれた都市の壁のような性質を持つ。国際社会におけるアイデンティ、マイグレーション、イマジネーションなどをテーマにした大型作品を中心に制作している。 

BALがbalanceweardesign期に密かに展開していたこのコラボレーション。Jose Parlaのアーティストとしての活動が本格化するにつれアパレルとのコラボレーションに近年消極的になっていたが、(bal10周年時に特別にテキスタイルデザインをお願いした例外はあり)彼の現代アーティストとしての活動初期からの縁もあり、今回の企画が実現した。

・BAL-EE-OO1 TEE WHITE / BLACK ¥10,000-

・BAL-EE-002 L/S TEE WHITE / BLACK ¥13,000

展開するアイテムは、素材選び、シルエットなど、1からオリジナルで作成したTシャツ、ロングスリーブ。

・BAL-EE-OO4 COLOR BLOCK CREW SWEAT SHIRT BEIGE/SMOKE BLACK ¥24000

・BAL-EE-003 COLOR BLOCK HOODED SWEAT SHIRT BEIGE/SMOKE BLACK ¥20,000-

・BAL-EE-005 BAL/PORTER® FLGHT NYLON HELMET BAG STEEL/ SAGE GREEN ¥35,000-

各パーツに作品を全面プリントを施したフーデッドパーカ、クルーネックスウェット、PORTER製によるヘルメットバッグをラインアップ。彼の希望もあり製品は全てジャパンメイドに拘り展開。このコラボは今後も不定期に展開予定だ。

related

bal、Diaspora skateboardsがUMBROを招いたトリプルコラボレーションコレクションを発売 | ビデオにはCampanellaも出演

モダンカジュアルウエアとグラフィックを提案するbalと、東京を拠点とするスケートレーベルDiaspora skateboardsが、フットボールブランドUMBROを招いたトリプルコラボレーションコレクションを9/4(日)に発売する。

BoTTがbalとのコラボレーションで永井博のアートワークを用いたTシャツを発売 | 代官山蔦屋書店でのPOP UPも開催

ユースから注目を集めるBoTTがモダンカジュアルウエアとグラフィックを提案するbalとのコラボレーションで、アーティスト永井博のアートワークを用いたTシャツを発売する。

BALが2022 SSのLOOKを公開|RAMIDUSやwackwackなどとコラボ

BALが2022 SSのLOOKを公開した。 テクニカル、アウトドア、スポーツ、ワークウエアなどからインスパイアされた本コレクション。Geek Out Storeのアーカイブコレクションからアイディアをインストールしたテクニカルアイテムや、アーティストのwackwackのアートワーク...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。