BAD HOPがUSシーン屈指のトッププロデューサー陣が参加した新作EP『Lift Off』の詳細を発表

今年カリフォルニアのスタジオでレコーディングを行なっていたBAD HOP。T-Pablowが「人生で一番刺激的」な日々だとTwitterに記していたレコーディングで完成したEP『Lift Off』の詳細が発表となった。

TwitterやInstagram上でMurda BeatzやMustard、Mike WiLL Made-It、Metro Boominなどスタジオでセッションをする模様がアップされたことでも話題になった本作。

本日公開されたトラックリストでは6曲を収録。それぞれT-Pablow、YZERRをはじめBAD HOPメンバーが複数人参加している楽曲が並んでいる。

気になるリリース日はまだ未解禁となっているが、本作はiTunesとApple Music限定でのリリースとなることもあわせてアナウンスされた。

RELATED

BAD HOPが横浜アリーナでのワンマンライヴを開催 | 地元・川崎でのゲリラライヴでアナウンス

BAD HOPが本日12/7(土)の18時から地元の川崎駅前にてゲリラライヴを決行した。 ライヴではLAで制作された新作EP『Lift Off』からの楽曲が初披露された。ライブは3曲目が終わるタイミングで警察からの警告を受け中止となった。 また会場では予告されていた横浜アリーナでのワンマ...

BAD HOPがEP『Lift Off』からWheezy & Turboが手がけた"Foreign"のミュージックビデオ

BAD HOPがUSの豪華プロデューサーたちとコラボしたEP『Lift Off』から、"Foreign"のミュージックビデオを公開した。

BAD HOPのEP『Lift Off』が本日リリース | Apple Musicでショートフィルムも公開

BAD HOPが、アメリカの豪華プロデューサー陣とコラボしたEP『Lift Off』を、本日Apple MusicとiTunes限定でリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。