DaBabyが『HOT ONES』に登場し激辛チキンに悶絶

先週末に開催されたComplex Con。そこで行われたFirst We Feastの人気企画『HOT ONES』の公開収録にDaBabyが登場し、多くのアーティストが苦戦してきた激辛チキンに挑戦している。

大きな歓声と共に迎え入れられたDaBaby。辛い物がそこまで得意ではないという彼は口直しのアイスクリームを用意して激辛チキンに挑戦している。最初はインタビューにもしっかりと答えていたものの、早くも二つ目のチキンで険しい顔を見せる。

しかし流石というべきか、時折咳き込みつつもインタビューに対しては冷静に答えている。「君は自分のライブ中に二人のファンがセックスをしているところをInstagramに投稿していたけど、今までライブ中に見た中で最も奇妙な物は何?」という質問に対しては苦笑し、「多分、二人のファンがセックスをしているところだな」と回答。他にも客席にマリファナの巨大な袋を投げ込み、後にそれが偽物だったことが判明した件については「実はあれは、ウサギの餌だったんだよ」と衝撃の事実を明かした。

後半に移るにつれDaBabyにも余裕が無くなり、過去にLil YachtyOffsetを苦しめたソース「DA’ BOMB」には「これはもう、色が赤紫色だな」とコメント。続くソース「BURN AFTER EATING」を口にした彼は鼻水が止まらなくなり、ステージ上をグルグルと歩き回りながら苦しんでいる様子を見せた。しかし、最も凶悪な辛さを誇るソース「XXX」を前に「ギブアップするか?」と問われた彼はそれを拒否し、チキンに大量のソースをかけてシャドーボクシングをしながら食べるという漢気を見せた。

DaBabyのユーモラスな一面が見えた今回の『HOT ONES』。次はどんなアーティストが激辛チキンに挑戦するのだろうか?

related

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。