Lil Yactyが生まれて初めて激辛チキンを食べて激しくむせてリバース

先日ニューアルバム『Nuthin’ 2 Provve』をリリースしたLil Yachtyが、音楽とフードを繋げるメディアFirst We Feastの動画企画に登場。激辛チキンを食べながらインタビューに応えている。

野菜を食べたことがないなど偏食で知られているLil Yachtyだが辛いものが苦手なようで、今までの人生で一度も激辛チキンを食べたことがないとのこと。恐る恐るチキンを食べようとする姿が可愛い。ちなみに彼はピザが大好物だということでも知られているが、動画でも様々な面白いピザを紹介されている。インタビュアーに綿菓子が乗った甘いピザの写真を見せられた彼は「アツいね。ぜひ食べたいよ」と目を輝かせた。

動画に登場する激辛チキンは手羽先を揚げたものに様々なチリソースをかけたもので、一般的なハラペーニョソースから始まりハバネロやジョロキアを使った辛すぎるものまで段階を上げながら試食させている。最初は「美味しい。新しい世界が開けたみたいだ」とテンションを上げてコメントしていたLil Yachtyも次第に苦しくなり、水を大量に飲みながら食べるように。かつてビーフをしていたJoe Buddenに話が及ぶと、「彼のことは嫌いじゃないんだ。全ては愛だよ。でも、このチキンをJoe Buddenに食べてもらいたいね」とコメントした。

終盤には「DA’ BOMB」というソースを使用したチキンが登場。それを口にしたLil Yachtyは最初平然としているものの、ついには激しく咽せ返り吐いてしまっている。「舌が、舌が」と言いながらうがいをして辛さから逃れようとするものの相当苦しかったようで、「味蕾が全部燃えてるみたいだ」と述べている。

チキンを食べて苦しむLil Yachtyは確かに面白いが、ラッパーの大切な喉に支障は無かったのか少し心配なところだ。

RELATED

Lil Yachtyが高級レストランのメニューが気に入らずUber Eatsでマクドナルドをその場でオーダー

Lil Yachtyといえばデビュー当時はピザしか食べないとのたまうなど、偏食家として知られているが、高級レストランといえども彼の舌を満足させるのは中々に困難なようだ。

Lil Yachtyが「City Girlsの“Act Up”のリリックを書いたのは俺だ」と明かす

ラップのリリックを他のラッパーに書いてもらうことは、賛否両論あるもののそう珍しいことではない。今回、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”の歌詞を「俺が書いた」と主張していることが話題となっている。

Lil YachtyがBhad Bhabieの誕生日に5万3000ドルのチェーンをプレゼントする

独特のキャラクターとその若さで注目を集めたフィメールラッパーBhad Bhabie。その16歳の誕生日に、Lil Yachtyが驚くべきプレゼントを贈った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。