今度はKendrick Lamarに替え玉疑惑が浮上

以前にはマスクを被ってライヴをするスタイルが災いし、A$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上したことがあったが、今回、Kendrick Lamarにも替え玉疑惑が浮上してしまった。

Kendrickは今週日曜日、ラスベガスで開催されたフェス『Day N Vegas Festival』の最終日に登場し、パフォーマンスを行った。しかし、実際にフェスに参加した何人かのファンの間で、彼が替え玉を使ったのではないかと話題になっている。


「なんでKendrick Lamarがパフォーマンスしてないの?これは誰?」というツイートだが、確かにいつものKendrickとは若干声が違うような気がしなくもない。

この他にも「多分、昨晩のKendrick Lamarは偽物だと思う。あれはむちゃくちゃおかしいパフォーマンスだった。これまで8回か9回くらい彼を見てるけど、あれを彼だとは感じなかった」というツイートや、本物か偽物かの投票まで行われている。

ちなみにTwitter上ではステージ上でのKendrick(?)を収めた写真を見ることが出来る。


この写真を見る限り、ステージに登場したのは本物のKendrickだと思われるが、真実は分からぬままだ。

先述したA$AP Rocky以外にも、2016年にはJeremihがヒューストンでのライヴで替え玉を使ったのではないかと噂になるなど、これまでもアーティストの替え玉疑惑というのは度々巻き起こってきた。好きなアーティストが見えにくいと疑り深くなるのは致し方ないことかもしれないが、いらぬ疑いをかけられるアーティスト側にとってはとんだ災難といえるだろう。

related

Thundercatが「ニートtokyo」のインタビューでKendrick Lamarの新作に参加していることを明かす

ニューアルバム『It Is What It Is』を4月にリリース予定のThundercat。先行曲“FairChance”や“Dragonball Durag”も話題となっている彼が、日本のインタビューメディア「ニートyokyo」に登場した。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Kendrick Lamarをテーマにした『文藝別冊』が今月発売 | Awich、C.O.S.A.、OMSB、仙人掌などのインタビューも掲載

現代における卓越したラッパーの1人であるKendrick Lamarをテーマにした雑誌『文藝別冊』が発売となる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。