マスクをかぶってライヴをするA$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上

アルバム『TESTING』のリリース以来、マスクを被ってライブをするパフォーマンスを行なっているA$AP Rocky。しかし今回、そのマスクが災いして思わぬ疑惑をかけられることとなってしまったようだ。

Hotnewhiphopによると、A$AP Rockyは先週末ニューオーリンズにて開催されたBuku Festivalにてヘッドライナーとしてパフォーマンスした。しかし当日のセットで長い間マスクをつけたままライブを行なっていたため、一部の観客の間で「あれはA$AP Rocky本人ではなく替え玉なのではないか」という疑惑が浮上したのだという。

Twitterでは「あれは本当にA$AP Rockyだったのか?」「なんでA$AP Rockyはマスクをしてたんだ?あれは本物なのか?混乱してる」「A$AP Rockyは本当は今夜のライブで替え玉を使ったんだ」「30分遅れで来たけど、全く彼の声じゃなかった。マスクをしてたし、終始彼にライトが当たっていなかった」、替え玉説を信じる声がいくつも上がっている。

もし彼が本当に替え玉を使っていたとすれば、お金を払ってライブを観に来たファンにとっては非常にショックなことだ。

しかし、同じ日のライブで“L$D”を歌っているA$AP Rockyの動画もツイートされており、そこにはまぎれもなく本人の顔が映っている。

YouTubeにも同日にマスクを外した状態で“Wild for The Night”をパフォーマンスする様子が投稿されている。

さらにはGunnaのライブにゲストで登場しクラウドサーフをしていたようで、確実にA$AP Rocky本人がBuku Festivalの会場に存在していたことが分かる。

これらの証拠から彼が替え玉でライブを行なっていた可能性は限りなくゼロに近いが、マスクのためにあらぬ疑惑をかけられたA$AP Rockyには災難だったと言う他ないだろう。

RELATED

CALVIN KLEINの創立50周年を記念したカプセルコレクションのキャンペーンにA$AP Rocky、Justin Bieber、Kendall Jennerなどが登場

ストレートな自己表現と挑発的な姿勢を貫くCALVIN KLEINが、創立50周年の記念にCK50コレクションを発売した。

A$AP Rockyが自身のジェンダーレスなスタイルについて「やりたいことをやってるだけだ」と語る|次回作のタイトルも明らかに

今年はスウェーデンでの長きに渡る拘留でも大きな話題を呼んだA$AP Rocky。独特なスタイルでファッショニスタとしても知られる彼が、Vogue UKのインタビューに応えている。

A$AP Rockyの判決が控訴されず保護観察処分が確定

スウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、一ヶ月に及ぶ拘留の末裁判で2年間の保護観察処分に処されたA$AP Rocky。現在はアメリカに戻り活動を行なっている彼だが、今回、裁判の上告が行われず2年間の保護観察処分という判決が確定したことが報じられた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。