YGがライブ中“FDT”コールをしなかった観客を会場から追い出した件についてホワイトハウスの報道官が抗議

先日、YGがトランプ大統領へのディスソング“FDT”をライブパフォーマンスした際に「Fuck Donald Trump」コールを行わなかった観客を会場から追い出した出来事が報じられた。その一件について、ホワイトハウスの報道官が抗議を行ったことが明らかになった。

YGは先週土曜日のライブで“FDT”をパフォーマンスし、観客の一人であった白人の青年がコールを行なっていないのを発見。彼をステージに上げ、「Fuck Donald Trump」と叫ぶことを求めたものの拒否されたため、青年を会場から追い出したというのが事の次第である。

XXLによると、ホワイトハウスの報道官であるStephanie Grishamがアメリカを代表する右派メディアFox Newsにて、YGの行動に対する抗議のコメントを発表している。GrishamはYGについて一言「“寛容な左翼”とは違った一つの例」と語っており、要するにYGが不寛容であるとして非難を行っているようだ。

YGとFox Newsの間には因縁があり、今年4月に“FDT”でフィーチャーされたNipsey Hussleが銃撃によって命を落とした際、Fox Newsのレポーターが“FDT”のMVを番組で取り上げ楽曲やNipseyを侮辱するような発言を行なっていた。

確かにYGの行動が全面的に肯定出来るものであるかどうかは微妙なところだが、政府の側が「寛容」「不寛容」といった尺度で一市民の意見について語っている点も中々に問題であると言える。いずれにせよ、今回の騒動を巡る議論は今後も続いて行きそうな気配である。

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

KehlaniがYGと破局したことを明かす新曲“Valentine’s Day (Shameful)”をリリース

昨年9月に交際が報道され、先日のバレンタインデーにはコラボ曲“Konclusions”をリリースしていたYGとKehlani。そんな二人が、なんと既に破局を迎えていたことが明らかになった。

Kehlaniと交際中のYGが自身の浮気報道を否定

9月にKehlaniと交際している事を明らかにしたYGが、別の女性とキスしている様子が10月31日、カメラに捕らえられた。The Shade Roomによると、YGはクラブを出た後、自身の車の窓を通してある一人の女性と会話を始めたという。その後YGはドアを開けて女性を招き入れると、キス(と思われる行...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。