DaBabyが子供達にクッキーを買ってあげる

ニューアルバム『Kirk』が全米アルバムチャート1位を獲得するなど、名実ともに人気ラッパーの1人となったDaBaby。そんな彼が今回、子供達にクッキーを買ってあげ、話題になっている。

Instagramではその様子を見ることが出来る。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#DaBaby bought every box of cookies from these kids and then gave them back 🙌🙌

XXLさん(@xxl)がシェアした投稿 -


先週土曜日、街角でクッキーを売る少年達に出会ったDaBabyは、彼らが売っていた全てのクッキーを購入。総額230ドル(約25000円)に対し、彼は100ドル札を3枚で支払った後、彼は買った全てのクッキーを少年達に譲っている。ちなみに、今年の初めにはGunnaが子供達にクッキーを買ってあげていた。

以前には、ファンの少年のスニーカーにサインをしてあげるなど子供達に優しい印象のあるDaBabyだが、有名になってもその姿勢は変わらないようだ。

related

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。