DaBabyがファンの少年のスニーカーにサインし家族と一緒に写真を撮る

今年のXXL Freshmanにも選ばれた注目ラッパーDaBaby。Rolling Loudのライブで観客に大量のマリファナ(後に偽物と判明)を投げ、写真を撮って欲しいと頼んだファンを袋叩きにするなどサグな面が目立つ彼だが、今回はほのぼのとするニュースが報じられている。

XXLによると、DaBabyは先週日曜日に空港でファンの少年と交流する様子をInstagramのストーリーで公開。二人の少年がDaBabyにサインを頼み、スニーカーにサインしてもらっている様子が映されている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@dababy showing love to fans #dababy

New Class of Rapさん(@newclassofrap)がシェアした投稿 -

その後DaBabyが少年たちと握手を交わし写真を撮っていると、当の少年たちよりもテンションが上がった様子の母親が「私とも写真を撮って貰ってもいい?おばさんだけど」としてDaBabyに近づき、家族3人とDaBabyで仲良く写真撮影。少年たちよりも興奮している母親の様子が話題となっているようだ。

以前はファンを袋叩きにしていたDaBabyだが、今回はファンの少年たちに気を良くしたのか丁寧な対応だ。人気アーティストと一緒に写真を撮ることが出来て、家族全員の大切な思い出になったに違いない。

related

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。