Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

DaBabyが客席にマリファナの巨大な袋を投げ込む動画はかなりの広がりを見せたが、Complexによるとライブ直後にマリファナが偽物だと気付いたファンがネットにその旨を投稿。

それを受けて昨日、DaBabyはInstagramにてマリファナが偽物であることに怒っているファンたちへの返答を投稿したという。「想像してみろよ、もし俺が本当に3200グラムのマリファナを投げていたらどうなってたと思う?」「他のブログにも、あれが本物だったと書くのはやめるよう言っておけ」と、開き直っているようにも見えるが間違いのない正論でリアクションしている。

さらに彼はInstagramのストーリーにも動画を投稿し「もし俺がライブ中に本物のマリファナを投げるべきだったと考えている奴がいるなら手を上げてくれ。お前はバカだ。ハハ」と、本物を投げるべきだったと意見する者を煽っている。

ライブ中に大量のマリファナを投げるというワイルドすぎるパフォーマンスに沸いたファンは裏切られたような気分になったのかもしれないが、実際に大量のマリファナをプレゼントするには途方もない金額がかかる上にリスキーであることを考慮すればフェイクだったことにも納得がいくだろう。

RELATED

DaBabyがファンの少年のスニーカーにサインし家族と一緒に写真を撮る

今年のXXL Freshmanにも選ばれた注目ラッパーDaBaby。Rolling Loudのライブで観客に大量のマリファナ(後に偽物と判明)を投げ、写真を撮って欲しいと頼んだファンを袋叩きにするなどサグな面が目立つ彼だが、今回はほのぼのとするニュースが報じられている。

佐久間裕美子の書籍『真面目にマリファナの話をしよう』刊行記念トークショーが開催

ニューヨーク在住のライター佐久間裕美子によるマリファナをテーマにした本『真面目にマリファナの話をしよう』の刊行を記念したトークショーが8月6日(火)に渋谷のSPBS本店で開催する。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入か|マリファナブランドCalivaの戦略家に就任したことが明らかに

先日にはラッパーとして史上初となる10億ドル以上の総資産を持ったことが報道されたJay-Z。そんな彼が、また新たなビジネスに着手したようだ。 Complexが報じるところによると、Jay-Zはカリフォルニアのマリファナ企業Calivaとパートナーシップ契約を結んだという。Calivaの発表によ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。