Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

DaBabyが客席にマリファナの巨大な袋を投げ込む動画はかなりの広がりを見せたが、Complexによるとライブ直後にマリファナが偽物だと気付いたファンがネットにその旨を投稿。

それを受けて昨日、DaBabyはInstagramにてマリファナが偽物であることに怒っているファンたちへの返答を投稿したという。「想像してみろよ、もし俺が本当に3200グラムのマリファナを投げていたらどうなってたと思う?」「他のブログにも、あれが本物だったと書くのはやめるよう言っておけ」と、開き直っているようにも見えるが間違いのない正論でリアクションしている。

さらに彼はInstagramのストーリーにも動画を投稿し「もし俺がライブ中に本物のマリファナを投げるべきだったと考えている奴がいるなら手を上げてくれ。お前はバカだ。ハハ」と、本物を投げるべきだったと意見する者を煽っている。

ライブ中に大量のマリファナを投げるというワイルドすぎるパフォーマンスに沸いたファンは裏切られたような気分になったのかもしれないが、実際に大量のマリファナをプレゼントするには途方もない金額がかかる上にリスキーであることを考慮すればフェイクだったことにも納得がいくだろう。

related

Richardsonがカリフォルニアの最も大胆な大麻企業Alien Labとコラボレーション

RichardsonがAlien Labとコラボレーションし、2021年10月30日(土)よりカプセルコレクションを発売する。 Alien Labsは、カリフォルニアの最も大胆な大麻企業の一つであり、世界的な現象としていち早く大麻文化をブランド化した企業の一つである。 本コレク...

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。