Rolling LoudでDaBabyが観客に投げたマリファナが偽物だったことが判明

先週末より開催されていたRolling Loud。そんな中DaBabyがライブ中に大量のマリファナを観客に投げたことが話題となっていたが、そのマリファナがフェイクだったことが明らかになった。

DaBabyが客席にマリファナの巨大な袋を投げ込む動画はかなりの広がりを見せたが、Complexによるとライブ直後にマリファナが偽物だと気付いたファンがネットにその旨を投稿。

それを受けて昨日、DaBabyはInstagramにてマリファナが偽物であることに怒っているファンたちへの返答を投稿したという。「想像してみろよ、もし俺が本当に3200グラムのマリファナを投げていたらどうなってたと思う?」「他のブログにも、あれが本物だったと書くのはやめるよう言っておけ」と、開き直っているようにも見えるが間違いのない正論でリアクションしている。

さらに彼はInstagramのストーリーにも動画を投稿し「もし俺がライブ中に本物のマリファナを投げるべきだったと考えている奴がいるなら手を上げてくれ。お前はバカだ。ハハ」と、本物を投げるべきだったと意見する者を煽っている。

ライブ中に大量のマリファナを投げるというワイルドすぎるパフォーマンスに沸いたファンは裏切られたような気分になったのかもしれないが、実際に大量のマリファナをプレゼントするには途方もない金額がかかる上にリスキーであることを考慮すればフェイクだったことにも納得がいくだろう。

related

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。