荘子itによるイベント『DIASCHOLA』がContact Tokyoで開催|ゲストに柳樂光隆、大谷能生などが登場

Dos Monosの荘子itが主催するイベント『DIASCHOLA』が10/23(水)に渋谷のContact Tokyoで開催となる。

初開催となる今回は、ゲストに書籍『Jazz The New Chapter』でも知られるジャズジャーナリスト柳樂光隆、ジャズを中心に活動しながらBlack Smoker Recordsからのリリースを行う音楽評論家の大谷能生に加え、WONKのレーベルepistrophに所属し、現在はKEIJUのバックDJとしても活躍するHarada Kosuke、tomadやtofubeatsとともにネットレーベルMaltine Recordsに携わってきた音楽ライターのimdkmが登場する。

大谷 能生
柳樂光隆
imdkm

info

OPEN 19:00 CLOSE23:00
UNDER 23 ¥1000 DOOR ¥1500 (1 Drink ¥650)
GENRE Jazz | Beat | HipHop

CONTACT
荘子it (Dos Monos) -DJ + Beat Live
大谷能生 -DJ + Beat Live
柳樂光隆
imdkm
Harada Kosuke

related

【対談】Kamui × 荘子it(Dos Monos)| 侵入者による対話

Kamuiと荘子itは出会うべくして出会ったふたりの才能と言えよう。両者ともにラッパーであり、自らビートも作り、そして鋭く現代的な批評精神を持ったヒップホップのアーティストだ。そんなふたりが初めて共作した“BAD Feeling”のビートはG4CH4が制作、ミックスはIllicit Tsuboiが手掛けた。

Kamuiの最新アルバム『YC2.5』から荘子itを迎えた"BAD Feeling"のミュージックビデオを公開

Kamuiが2020年に発表したアルバム『YC2』のデラックスバージョンとして今年リリース予定の『YC2.5』から、荘子itを迎えた"BAD Feeling"のミュージックビデオを公開した。

故・近藤等則の音源を用いたセッションライブ配信『実験JIKKEN-繰音-』に大井一彌、荘子it、ermhoi、葛⻄敏彦が参加

昨年惜しくも逝去したトランペッター近藤等則。その息子である近藤陽太が2021年から企画する配信ライブ『実験JIKKEN』の最新回として、ドラマー、トラックメイカーの大井一彌(DATS/yahyel)がermhoi(Black Boboi/Millennium Parade)、荘子it(Dos Monos)、サウンドエンジニアの葛⻄敏彦を客演に迎えた『実験JIKKEN-繰音-』が6/25(金)に配信される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。