故・近藤等則の音源を用いたセッションライブ配信『実験JIKKEN-繰音-』に大井一彌、荘子it、ermhoi、葛⻄敏彦が参加

昨年惜しくも逝去したトランペッター近藤等則。その息子である近藤陽太が2021年から企画する配信ライブ『実験JIKKEN』の最新回として、ドラマー、トラックメイカーの大井一彌(DATS/yahyel)がermhoi(Black Boboi/Millennium Parade)、荘子it(Dos Monos)、サウンドエンジニアの葛⻄敏彦を客演に迎えた『実験JIKKEN-繰音-』が6/25(金)に配信される。

出演者に近藤が遺した音源が提供され、近藤が30年以上使用していたスタジオ「近藤音体研究所」を会場にセッションが行なわれる『実験JIKKEN』。タイトルには「新たな表現を追求する実験の場にしていきたい」という願いが込められている。

今回は近藤等則の未公開音源を大井がサンプリングし、トラックを制作。そのトラックにermhoiがボーカルで、荘子itがラップでセッションをする内容となっている。葛⻄はリアルタイムでの音作りに徹する。

過去に中村達也(Dr)、中尾憲太郎(Ba)、守家巧(Ba)、山木秀夫(Dr)、 SUGIZO(Gt/Vn)という錚々たるメンバーがこのプロジェクトに出演をしている が、サンプリングの試み、生前の近藤と縁の無いアーティストの出演は今回が初となる。

大井からのコメントはこちら。

「いつものように膨大なサンプル音源を手に入れたが、 いつもと違うのは、その サンプルの出処がハッキリし過ぎている事だった。これほどまでにオーソライズ された情報を扱えること自体、今時珍しいことだと思う。"トランペットのサンプル音源"と、"近藤等則さんの生前の生演奏"という二つの側面を持った音をもとに、記録された音の扱われ方の本質、ひいては生と死の在り方を暴くことを目的とする。 そこで、声と言葉で生きる二人のミュージシャン、ermhoiと荘子itに共演を。そのミックスとサウンドシステムは葛⻄敏彦さんの力をお借りして、二つの状態を行き来する音楽制作をすることにした。」

また、ermhoiと荘子itによるビデオメッセージも公開されている。

Info

公演タイトル:『実験JIKKEN-繰音-』
配信日時:2021年6月25(金)21:00~ JST
配信チケット料金:1,500YELL (税込1,650円) アーカイブ:チケット付随、別途購入可 アーティスト:大井一彌(Dr/TM)、ermhoi(Vo)、荘子it(Rap)、葛⻄敏彦(SE)、近藤 等則(Etp)
配信プラットフォーム:MUSER(https://muser.link/__b/)
過去実験 JIKKEN プロジェクト: https://www.toshinorikondo.com/category/%e5%ae%9f%e9%a8%93jikken/

【特典情報】

本配信ライブでしか手に入らない特典もご用意しております。

コラボTシャツ、ライブ音源、本編アーカイブ、サンプリング音源パックと豪華ラ インナップです。
詳しくはこちらから↓
https://muser.link/mypage/potential-bonus/260

related

AAAMYYYが2ndアルバム『Annihilation』を8月にリリース | 荘子itもゲストで参加

TempalayのメンバーやRyohuやTENDREのサポートや楽曲提供など、幅広いフィールドで活躍するシンガーソングライター/プロデューサーのAAAMYYYが、8/18(水)にソロプロジェクト第2弾となる待望の2ndフルアルバム『Annihilation』(読み:アナイアレイション)をリリースする。

【リレーコラム】新型コロナウイルスと私たちの生活 by 荘子it & TaiTan(Dos Monos)|僕はさなぎの中の液体になりたい

新型コロナウイルスに置ける情勢下、人々の生活が目まぐるしく変化している現在。クラブやライブハウスのみならず、アーティストを含め音楽シーン全体が様々な影響を受けているのは明白な事実である。 この企画はアーティストに「今どのような生活を送っているのか?」をテーマにコラムを執筆してもらう全4回の短期...

謎の部屋からプロデューサーがライブ配信する企画『HOMEWORK PROGRAM』に荘子itが登場

謎の部屋からプロデューサーがライブ配信する企画『HOMEWORK PROGRAM』の第二回目にDos Monosの荘子itが登場する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。