Reebokとadidasによる『INSTAPUMP FURY BOOST』のビジュアルが公開

Reebokがadidasの協力の元、リリースするINSTAPUMP FURY BOOSTの3タイプの商品の『PROTOTYPE』、『OG MEETS OG』『BLACK & WHITE』のビジュアルを公開した。

『INSTAPUMP FURY』の25周年発売を記念して、今週発売される『INSTAPUMP FURY BOOST』は『INSTAPUMP FURY』にadidasの革新的なミッドソールテクノロジーBOOSTを取り入れたアイテム。

『PROTOTYPE』

『PROTOTYPE』はINSTAPUMP FURYのオリジナルデザイナーであるスティーブン・スミスが、開発段階のサンプルで使用したカラー、クラシックホワイト、ロイヤルブルー、ソーラーオレンジを採用したモデル。当時このカラーリングは開発サンプルとし てのみ存在しており、このカラーリングでの『INSTAPUMP FURY』発売は今回が初めて。また『PROTOTYPE』のアッパーには、adidasの『Ultraboost』オリジナルエディションで使用されたものと同様のメッシュパネルが組み込まれ、両ブランドを代表するフットウェアのエッセンスを融合したモデルとなっている。

『OG MEETS OG』パックは、発売当初の『INSTAPUMP FURY』と『Ultraboost』のオリジナルカラーを継承したモデル。『INSTAPUMP FURY』のシトロンのカラーリングは、視覚的なインパクトが重要と考えたスティーブン・スミスが、感情を刺激するシトロンイエローのアッパーを採用したことがきっかけとなっている。

『BLACK&WHITE』は、クリーンでバランスのとれたブラックとホワイトの組み合わせによりストリートの定番アイテムをイメージして制作されている。

『PROTOTYPE』は10/5(土)に東京・渋谷で開催される『atmos con vol.7』で、世界に先駆けて限定50足が発売、その後10/11(金)に日本およびアジアパシフィック地域にて正式発売となる。『OG MEETS OG』は10/25(金)から、『BLACK&WHITE』は、11/11(月)から世界に先駆け、日本およびアジアパシフィック地域にて発売となる。

Info

【読者、一般のお客様からのお問い合わせ先】
リーボック アディダスグループお客様窓口 0570-033-033 (電話受付 平日 9:30~18:00)
https://reebok.jp/
https://reebok.jp/classic/instapump_fury_boost/

RELATED

カリフォルニア発のスニーカーやフィギュアを扱うショップBAITが渋谷PARCOに出店

「HYPE」、「FUN」、「UNIQUE」をキーワードに、数々のブランドやアーティスト、コミックスとのコラボレーションアイテムや、貴重なフィギュア、オリジナルウエア、ストリートウエア、スニーカー を幅広くピックアップしたセレクトショップBAIT。

adidas Originalsから新作『SUPERCOURT』が今週発売|陶芸家の古賀崇洋とのコラボレーション作品の展示が開催決定

adidas Originalsは、ブランドが誇る伝統のホワイトレザースニーカーの新作、「SUPERCOURT」を10/17(木)から発売する。

Reebokとadidasのスニーカーを融合した『INSTAPUMP FURY BOOST™』が50足限定で発売

Reebokを代表する「INSTAPUMP FURY」とadidasのシューズに採用されているミッドソールテクノロジ「BOOST」を融合した『INSTAPUMP FURY BOOST™』が10/5(土)に発売される。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。