DaBabyが自身のフィーチャリング料は10万ドルと豪語

“Suge”の大ヒットに加え、XXL Freshmanへの選出、そしてニューアルバム『Kirk』のリリースと今最も波に乗っているラッパーの1人であるDaBaby。そんな彼がL.A Leakersのインタビューに登場。現在、1回のフィーチャリングで自身に払われる額は少なくとも10万ドル(約1080万円)だと豪語した。

DaBabyのサクセスストーリーについての話題で、L.A Leakersが彼に現在の彼のフィーチャリング料はいくらなのか質問。それに対し、DaBabyは「6桁だ。神は素晴らしい。少なくとも6桁だ」と返答している。つまり、彼は1曲フィーチャリングで参加するだけで少なくとも10万ドル(約1080万円)を稼いでいるということになる。

しかし、それと同時にDababyは自分自身も支払う必要があるとも語っている。彼は自身が過去にコラボしたことのあるBoosie BadazzとLil Babyからバースを購入したときの話を引き合いに出し、自分自身の人気を引き上げるためには多額を支払うことを厭わなかったと話した。それらを踏まえた上で、彼はラッパーという職業を「世界で一番引く手あまたな職業だ」と表現し、続けて「(ラッパーは)世界で一番生き残っていくのが難しい職業でもある。とにかく俺は物語を変える手助けをすることが出来る。大いにそう思う」と述べている。

先日の6ix9ineに関するインタビューに続いてまたしても真面目な一面を見せたDaBaby。彼のこのような側面が今の成功の要因となっているのは間違いないだろう。それにしても、改めてヒップホップシーンでは1曲楽曲が制作されるだけで、莫大な金額が動いていることを認識させられるインタビューであった。

インタビュー全編は下の動画から。

related

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。