Tyler, The Creatorが自身がアメリカン航空の搭乗拒否リストに載っていると主張

これまでYGをはじめ、多くのラッパーといざこざを起こしてきたアメリカン航空がまたしてもラッパーと騒動を起こしている。今回は、今年ニューアルバム『IGOR』をリリースし、その評価を決定づけたTyler, The Creatorだ。

Tylerは昨日、自身のTwitterにてこのようにツイート。


投稿には「は?俺の名前がアメリカン航空の搭乗拒否リストに載ってるんだけど。俺が何をしたって言うんだ」と綴られている。理由は不明だが、どうやら彼の名前がアメリカン航空の搭乗拒否リストにテロリストとして記載されていたよう。

Tylerが上記のツイートをした後、すぐさまアメリカン航空の公式アカウントが「我々はこの件について調査したいと思います。我々に航空券の予約番号とともに簡単なDMを送ってください」と返信を送っている。

両者の間でどのようなやりとりが行われたかは分からないが、The Faderにてアメリカン航空が上記の件について声明を発表している。アメリカン航空の担当者は「我々にはテロリスト名簿などはありません」と自分たちが搭乗拒否リストを作成していることを否定。その上で「そのようなリストはFBIにより管理されています。Tyler,The Creatorに関しては今日我々の便で渡航しています。あのツイートは間違いです」とTylerは結局、飛行機に搭乗できたと述べている。

現在、Tylerはニューアルバム『IGOR』を引っさげツアーを行っているため、今回の一件はとんだ迷惑だっただろうが、ひとまず無事に移動できたようでファンも安心したことだろう。

related

【レビュー】Tyler, The Creator 『Call Me If You Get Lost』|成功者としての顔と隠せない本心

ミックステープの王DJ Drama なんだ、このやかましい声は……。1曲目のイントロもしくは1曲目限定で、景気づけのためかと思いきや、Tyler, The Creatorによる最新作『Call Me If You Get Lost』を一聴し終えてみれば、結局1曲(とインタールード)以外の全収...

Tyler, The Creatorが新作『CALL ME IF YOU GET LOST』を来週リリース|新曲“LUMBERJACK”を公開

Tyler, The Creatorが新作『CALL ME IF YOU GET LOST』を来週6月25日にリリースすることを発表した。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。