YGが飛行機に搭乗できずアメリカン航空をレイシストだと批判

アメリカン航空といえば、これまでもMigosのOffsetやJoey Badassなど数多くのラッパーたちといざこざを起こしてきたことで有名だ。

そして今回、またしてもそのアメリカン航空がラッパーともめてしまった。
そのラッパーとは、先日ニューアルバム『Stay Dangerous』をリリースしたYGだ。

現地時間月曜の夜、彼は自身のInstagramに動画を投稿。

FUCK AMERICAN AIRLINES. RACIST FUCKS & IM SOBER PUSSY’S, YALL RACIST. FUCK ALL YALL @americanair

STAY DANGEROUSさん(@yg)がシェアした投稿 -

飛行機の搭乗口で撮影されたとみられるこの動画だが、どうやらYGは酔っ払っているとみなされ、飛行機への搭乗を拒否されたらしい。
彼は動画でこのように言っている。
「くそ食らえ、アメリカン航空。あいつらは俺を飛行機に乗せることを拒否しやがった。あいつらは俺が酔っ払っていることについて話してたよ。俺はあんなクソ野郎どもよりはシラフだ。レイシストどもはくそ食らえ」と怒りが収まらない様子。

YGは同じ動画をTwitterにも投稿しているが、そのツイートにアメリカン航空が返信している。

「我々のルールでは、お客様またはチームメンバーとのあらゆる交流はリスペクトが根底にあるべきだと思っています」と、アメリカン航空は少し挑発的ともとれるリプライをYGに送った。当のYGはこのツイートに対する返信はしていない。

いずれにせよ、YGが投稿した動画からだけでは、どちらが悪いのか判断するのは難しい。実際、動画の彼は少し酔っ払っているようにも見える。

唯一言えるのは、YGはちゃんと目的地に着くことができたのか気になるということだ。

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

KehlaniがYGと破局したことを明かす新曲“Valentine’s Day (Shameful)”をリリース

昨年9月に交際が報道され、先日のバレンタインデーにはコラボ曲“Konclusions”をリリースしていたYGとKehlani。そんな二人が、なんと既に破局を迎えていたことが明らかになった。

Kehlaniと交際中のYGが自身の浮気報道を否定

9月にKehlaniと交際している事を明らかにしたYGが、別の女性とキスしている様子が10月31日、カメラに捕らえられた。The Shade Roomによると、YGはクラブを出た後、自身の車の窓を通してある一人の女性と会話を始めたという。その後YGはドアを開けて女性を招き入れると、キス(と思われる行...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。