SZAが「昔はキャリアウーマンになりたかった」と語る

今では名実ともにシーンを代表するディーヴァの1人となったSZAだが、昔は歌手になろうとは思っていなかったらしい。

British Vogueのインタビューに登場した彼女が、まだ歌手になる前に抱いていた将来の夢について語っている

このインタビューで彼女は「私は絶対にビジネスに携わりたかったの。音楽には携わりたくなかった」と語り、続けて「私はとてもいい立地のオフィスを持って、多くの尊敬を集めて、成功を収めるはずだったのよ」と今とは全く違うライフプランを描いていたことを明かした。

最終的に彼女はビジネスではなく、音楽に携わることになったわけだが、“多くの尊敬を集め、成功を収める”という点においては夢を叶えたといえるだろう。

実際のところSZAは、現在のR&Bシーンに欠かせないアイコニックな存在となっており、音楽に携わる道を選んで正解だったのかもしれない。

とは言いつつも、もし彼女がビジネスの道に進んでいたとしたらどのような結果になっていたのか気になるところではあるが。

インタビューの全文はこちらで読める。

related

SZAが新曲“Good Days”のリミックスをFrank Oceanに依頼すると語る

SZAが昨年末にリリースしたニューシングル“Good Days”。Jacob Collierが参加したこの楽曲は彼女の『Ctrl』に続く新作を期待させるものとして高い評価を受けているが、そんな同曲について楽しみなニュースが出ている。

SZAがニューアルバムのリリースが遅れている理由について「TDEがリリースさせてくれない」と発言|レーベルのボスPunchはこれを否定

2017年リリースの『Ctrl』以来、3年に渡ってニューアルバムを待望されていながらも未だリリースに至っていないSZA。以前より何度か新作の存在を仄めかしてはいたものの具体的な詳細などは発表されていなかったが、今回、SXAがリリースが遅れている理由に所属レーベルとの軋轢があると発言したことが波紋を呼んでいる。

SZAが「もう二度とインタビューや写真撮影の仕事は受けない」と発言

TDEを代表するシンガーSZA。そんな彼女が今回、インタビューや写真撮影の依頼についての発表を行い話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。