Kanye Westに迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が発売中

以前FNMNLでも本文の一部を独占公開したKanye Westの芸術的才能とその人物像、アメリカ社会への影響に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が発売中だ。

2010年代の代表作『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』全曲と、デビュー作や『Yeezus』を分析することで、毀誉褒貶が激しいKanyeという人物に迫っていく。さらに現地アメリカで実際にカニエを観察していた訳者の池城美菜子による生のレポートを交えた解説文も追加収録、奇才の素顔を解き明かす。

さらに生誕からいま話題の『Sunday Service』までを網羅した年表付き。ヒップホップの枠を越え、ポピュラーカルチャー全般にもたらした彼の功績を網羅する。

Info

カニエ・ウェスト論
《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から
読み解く奇才の肖像
カーク・ウォーカー・グレイヴス 著 池城美菜子 訳・解説
定価:本体1,800円+税 / 四六 / 並製 / 256頁 ISBN 978-4-86647-090-0

http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/1007889220

related

Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

Kanye Westが大統領選出馬のための書類を提出し正式にオクラホマ州で大統領候補に登録

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を宣言したKanye West。Forbesのインタビューにて人工妊娠中絶とワクチンの撤廃を呼びかけ非難を浴び、また手続きの都合で今年の出馬は取りやめとなることが報じられたが、なんとその後書類を提出しオクラホマ州の正式な大統領候補となった。

Kanye Westが今年の大統領選出馬を取りやめたとの報道がなされる

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を大々的に宣言し話題を呼んだKanye West。それに伴うForbes誌のインタビューにて反人工妊娠中絶、反ワクチンの思想を語ったことも物議を醸したが、そんな彼が大統領選出馬を早々に取りやめたことが報じられている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。