Cardi Bがネットでのバッシングに反論を続ける

当代きっての人気と実力を持つフィメールラッパーである一方、バッシングや批判の声が寄せられ続けるCardi B。以前は自身の美容整形を非難する人々に反論したことが報じられたが、整形などを始めとするトピックについてのバッシングは未だ止むことが無いようだ。

Complexによると、@mia.desiraeetというInstagramアカウントがCardi Bに対し執拗にバッシングを行なっており、Cardi B自身がそれらのコメントに一つ一つ反論を行なっているという。例えば以前より存在する「Cardi Bがリリックを自分で書いていない」という意見を蒸し返す「他人に歌詞を書いてもらいながらアーティストを名乗るのか」というコメントに対し「ダイエットを頑張って続けなよ」と返し、さらにInstagramのDMで「自分がNickiであったら良かったと思ってて、Beyonceと一緒に曲を作れたら良かったと思ってるんでしょ。思い上がるなよストリッパー」「フェイクなラッパー」などと執拗に罵声を浴びせ続ける彼女にTwitterで「彼女はヘイトコメントを私のページやDMに残しつづけるからダイエットを頑張るように伝えたら、彼女は私がデブを差別してると言ってきた。何それ?ウケる。私は最悪なことは言ってないよ。要するに、ディックでもしゃぶってろ」と言い放つなど一歩も退かない姿勢を見せている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ballerific Comment Creepin 🌾👀🌾 #cardib #commentcreepin (swipe)

Baller Alertさん(@balleralert)がシェアした投稿 -

その後も彼女はTwitterで「どうでもいい」「今も昔もみんな弱いよね。どうやってここを生き延びるっていうの?」と、あくまで自身はバッシングを気にしていないことを主張している。

先日は10歳のラップグループから謎のビーフを仕掛けられるなど、とにかく批判の矢面に立たされやすいCardi B。女性アーティストは男性のアーティストに比べ心無い誹謗中傷を寄せられやすいというのが嘆かわしい現状だが、彼女はそれらにも負けないタフさを持つことで成功したのだろう。ここまで熱心にバッシングを続けるヘイターたちの心理は理解に苦しむものだが、果たしてこれらの批判が止むことはあるのだろうか?

related

Cardi Bが自身の体について誹謗中傷を寄せるネットユーザーに「放っておいて」とメッセージを送る

バーニー・サンダースを積極的に支持し、ここ最近では「Black Lives Matter」運動に関する積極的な情報発信も行なっているCardi B。そんな彼女に対し、残念ながら容姿や身体についての誹謗中傷の声を寄せるインターネットユーザーが存在することはこれまでも報じられてきたが、またしてもそのような行為に及ぶアンチに対し彼女が行った反論が話題を呼んでいる。

ミネアポリスで無抵抗の黒人男性が警察官に窒息死させられた事件に対しMeek MillやBillie Eilish、Cardi B、Snoop Doggらが抗議の意を表明

ミネアポリスで非武装、無抵抗の黒人男性が警察官に不当な拘束を受けている最中に窒息死した事件。現在ミネアポリスでは抗議運動が大規模なデモに発展しているが、問題の事件についてアーティストも次々と抗議の声を上げている。

Lil Uzi Vert、Cardi B、Wiz Khalifa、Anderson .Paak、Bruno Mars、故Nipsey Hussleなどによるパフォーマンスを観ることができるバーチャルフェスが開催

ワーナー・ミュージック・グループは、WHO(世界保健機関)と国連財団が設立した「COVID-19連帯対応基金」を支援するため、初のバーチャル·ミュージック·フェスティバル『PlayOn Fest』を今週末に開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。