Cardi Bが「曲を自分で書けない」という批判に対して返答

Netflixで来年より配信予定のラップリアリティ番組「Rhythm + Flow」の審査員として、Chance The Rapper、T.I.、そしてCardi Bがキャスティングされることが明らかになった。ラップファンが大いに注目する同番組だが、Cardi Bが審査員を務めることに対する不満の声が一部から噴出している。Cardi Bはリリックを別のラッパーと共作していることがあるので、他人のラップを審査する資格は無いという理屈だ。そのような批判に対して、Cardi B本人が自ら返答を行っている。

Instagramのライブ配信にて、Cardi Bは「みんなが私を“歌詞を自分で書いていない”って攻撃しようとするけど、私は沢山曲を書いてるから。ちゃんちゃらおかしいわ」と、共作者がいるとはいえ自分でリリックを書けないわけではないと反論。「私は気にしないから勝手に話してればいいよ。でもあのビッチはめちゃくちゃ歌詞を書けるから。座り込んでずっとそんなことを考えてればいい」と、メイクの最中にも関わらずかなりの剣幕でまくしたてた。

かつてはDrakeやKanye Westがゴーストライターを雇っているという批判を浴びた例もあり、またPost Maloneの大ヒット曲“Rockstar”もJoey Bada$$との共作であることが明らかになっている。しかし、このことからも分かる通り現在のシーンではラッパーが完全に自分自身の手でリリックを書くことは余り重要ではなく、それだけで彼らのスキルを判断することは不毛だという考え方も出来る。

いずれにせよ、非常に豪華なゲストを迎えた「Rhythm + Flow」がこれからラップシーンの話題を席巻することは間違いないだろう。

related

ReebokとCardi Bのコラボコレクションから初のウェアが登場|コラボClub Cも

Reebokグローバルアンバサダーを務め、世界的に活躍する新進気鋭のラッパーCardi Bとのコラボレーションコレク ショ『Reebok × Cardi B』より、初のアパレル展開となる『Summertime Fine Collection』と、人気シューズClub C Cardiの新作モデルが、4月24 日(土)より発売される。

Cardi Bがコメディ映画『Assisted Living』の主演を務めることが明らかに

昨年もMegan Thee Stallionとの“WAP”が大ヒットするなど大活躍を見せたCardi B。そんな彼女が、映画界でも大スターになろうとしているようだ。

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。