Cardi Bが「曲を自分で書けない」という批判に対して返答

Netflixで来年より配信予定のラップリアリティ番組「Rhythm + Flow」の審査員として、Chance The Rapper、T.I.、そしてCardi Bがキャスティングされることが明らかになった。ラップファンが大いに注目する同番組だが、Cardi Bが審査員を務めることに対する不満の声が一部から噴出している。Cardi Bはリリックを別のラッパーと共作していることがあるので、他人のラップを審査する資格は無いという理屈だ。そのような批判に対して、Cardi B本人が自ら返答を行っている。

Instagramのライブ配信にて、Cardi Bは「みんなが私を“歌詞を自分で書いていない”って攻撃しようとするけど、私は沢山曲を書いてるから。ちゃんちゃらおかしいわ」と、共作者がいるとはいえ自分でリリックを書けないわけではないと反論。「私は気にしないから勝手に話してればいいよ。でもあのビッチはめちゃくちゃ歌詞を書けるから。座り込んでずっとそんなことを考えてればいい」と、メイクの最中にも関わらずかなりの剣幕でまくしたてた。

かつてはDrakeやKanye Westがゴーストライターを雇っているという批判を浴びた例もあり、またPost Maloneの大ヒット曲“Rockstar”もJoey Bada$$との共作であることが明らかになっている。しかし、このことからも分かる通り現在のシーンではラッパーが完全に自分自身の手でリリックを書くことは余り重要ではなく、それだけで彼らのスキルを判断することは不毛だという考え方も出来る。

いずれにせよ、非常に豪華なゲストを迎えた「Rhythm + Flow」がこれからラップシーンの話題を席巻することは間違いないだろう。

RELATED

Chance The RapperがNicki MinajとCardi Bのビーフについて語る

先日、家族との時間を過ごすためツアーを延期すると発表したばかりのChance The Rapper。そんな彼が今週木曜日、『Big Boy TV』のインタビューに登場。Nicki MinajとCardi B、それぞれについて語っている。

Cardi Bが美容整形へのバッシングを行う人々に対し「嫉妬で人の体をジャッジするのはやめろ」と反論

Kim Kardashianをはじめとするインフルエンサーたちによって、ここ数年は胸やお尻を極端に大きくするスタイルが大流行している。それでも偏見や賛否両論の声が止まない美容整形だが、自身も美容整形を行なっているCardi Bが体に対して意見を寄せてくる第三者に対して強く反論している。

Cardi Bが10歳のラップクルーとビーフしていると話題になるも彼女自身が否定

先日公開されたTravis Scottのドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』にて、彼がグラミー賞を逃し、落胆している姿をみたTravisのファンから謂れのない批判にさらされたCardi B。そんな彼女が今、10歳の少年達で構成されるラップクルーとビーフを繰り広げているのではないかと話題になっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。