Cardi Bが美容整形へのバッシングを行う人々に対し「嫉妬で人の体をジャッジするのはやめろ」と反論

Kim Kardashianをはじめとするインフルエンサーたちによって、ここ数年は胸やお尻を極端に大きくするスタイルが大流行している。それでも偏見や賛否両論の声が止まない美容整形だが、自身も美容整形を行なっているCardi Bが体に対して意見を寄せてくる第三者に対して強く反論している。

Complexによると、Cardi BはInstagramに自身の体に対するバッシングへ反論を行う動画を投稿(現在は削除)。そこで彼女は、「ビッチの体についてあれこれ言うのは好きじゃない。私が大変だった時期を思い出すから。デカいおっぱいを持ってなくて、変なサイズの尻だった時をね」として、「ナチュラルなビッチが“あいつの胸や尻にはプラスチックが入ってる”って言うけど、もし自分の体に自身があるなら人の体にどうこう言うのをやめろよ。私の妹はナチュラルな可愛いおっぱいと尻だけど何も言わないよ。あんたたちは自分もそうなりたいから言ってるんでしょ?」と、整形への批判を行う人々は理想のスタイルを手に入れられず妬んでいるとの持論を披露した。

美容整形には健康上の害も指摘されているため主な批判の意見はそれらを根拠としているが、そもそも自分自身の体をどうするかはその人に選択の権利があるはず。他人にあれこれ言うべきではない、というCardiの意見ももっともである。さらに整形への批判はしばしば男性による性差別的な視線から来るものもあるため、他人の容姿をジャッジするという行為自体が前時代的なものであるとも言えるだろう。

Cardi Bは以前よりアナウンスされていたNetflixのラップオーディション番組『Rhythm & Flow』にChance The Rapper、T.I.らと共に審査員として出演することが決定している。ここ最近は楽曲の目立ったリリースが見られないが、同番組でも飛び出すであろう彼女の発言には今後も注目だ。

related

バーニー・サンダース大統領候補がCardi Bの政治家デビューを応援

先日、アメリカによるイランの空爆に抗議しつつ「学校に通い直して政治家になりたい」と発言したことで話題を呼んだCardi B。そんな彼女が以前より支持を公言している2020年大統領選立候補者のバーニー・サンダース上院議員が、彼女にエールを送っている。

Cardi Bが「学校に通い直して政治家になりたい」と発言

以前より反トランプ、民主党支持を公言しているCardi B。先日はアメリカによるイランの空爆に抗議し「ナイジェリアの市民権が欲しい」と発言していた彼女が、政界に進出することに意欲を示している。

Cardi Bが「ナイジェリアの市民権が欲しい」と発言|ナイジェリアの政府高官も反応

ここ数日、アメリカが行なったイランへの空爆とソレイマニ司令官の殺害が世界的に大きな問題となっている。「第三次世界大戦が起こるのでは」と心配する声も上がる中、 Cardi Bがアメリカを去ってナイジェリアに移住する意志を表明している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。