Young M.AがLil Nas Xのカミングアウトについて「賢いやり方だった」と語る

“OOOUUU”でブレイクを果たし、またレズビアンであることを公言していることでも知られるラッパーYoung M.A。そんな彼女が、先日ゲイであることをカミングアウトし話題を呼んだLil Nas Xについての持論を語っている。

Complexによると、ラジオ番組Hollywood Unlockedに出演したYoung M.Aはセクシュアリティに話題が及んだ際に、Lil Nas Xのカミングアウトについて尋ねられ「正直に言って、私にとって彼のカミングアウトはよく分からなかった。“彼はゲイなのか?”って感じで。それでも、彼は賢い方法でカミングアウトしたと思う」と、カミングアウトの方法をある程度評価している。

Lil Nas XはTwitterにて自身のEP『7』のアートワークにレインボーカラーが含まれていることを示唆し、明言を避けつつも自身がゲイであることを匂わせるという手法を採っていた。その後BBCのインタビューで改めてゲイであることを公言していたが、直接的な言及を避けたのは心無いバッシングを事前に防ぐためだったと考えられる。

Young M.Aは以前「私はレズビアンじゃなくて、ただのYoung M.Aだ。男とデートしない。女性が好きなんだ」と語り、Lil Nas Xとはまた違った方法でカミングアウトを行なっていた。以前Kodak Blackからセクシャルハラスメントとも言える下品なバッシングを受けるなど女性であるが故の苦しみもあるようだが、いずれにせよ、同性愛者であることをカミングアウトするには様々な困難が伴う現状を実感させられる。

Young M.Aが出演したHollywood Unlockedの全編はこちらから観ることが出来る。

related

EminemをフリースタイルなどでディスするムーブメントがTikTokで流行|Lil Nas Xが苦言を呈する

セレブたちの問題行動や問題発言を取り上げ、その人物をボイコットする「キャンセルカルチャー」は、力を持つセレブや企業に対する抑止力として働くと同時に、小さな事柄がその人物の進退にまで影響を与えること、そして本質的かつ効果的でない方向に過激化していることが問題視されている。今回、Eminemが若いネットユーザーからキャンセルの標的とされていることが大きな話題を呼んでいる。

Lil Nas XがクィアアーティストとしてのTyler, The CreatorとFrank Oceanからの影響を語る

昨年のLGBTQプライド月間の終わりにカミングアウトを行い、ゲイであることを公言しながら活動を続けているLil Nas X。そんな彼が、新たに公開されたインタビューの中でカミングアウトの際にTyler, The CreatorとFrank Oceanの二人から受けた影響について語っている。

Lil Nas Xがアルファベットを学べる絵本『C Is for COUNTRY』を執筆

“Old Town Road”や『7』以来まとまった作品をリリースしておらず、新作を待たれているLil Nas X。そんな彼が、なんと児童書を執筆し出版する予定であることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。