Trippie Reddがかつてギャングに所属していたと6ix9ineが証言

先日報じられた通り、同じギャングのメンバー二人の裁判で証言を行なった6ix9ine。彼がそこで、以前ビーフを行なっていたTrippie Reddについて発言し話題を呼んでいる。

XXLによると、6ix9ineは今週火曜日にNine Trey Gangsta BloodsのメンバーAnthony "Harv" EllisonとAjermiah "Nuke" Mackの裁判で証言。そこで、6ix9ineの裁判を取材している記者Matthew Russell LeeがTwitterで「6ix9ineは、Trippie Reddが以前“Five Nine Brims”というギャングに所属していたと主張している」との報告を行なっている。

Trippie Reddが所属していたというFive Nine Brimsはサンディエゴのギャング組織であり、6ix9ineを擁するNine Trey Bloodsと同じくブラッズの系列にある組織である。前後の文脈によれば裁判官は6ix9ineの出世曲“GUMMO”の内容について尋ねており、そこで彼は「俺の仲間ではない奴らに向けたディス曲だ」と説明。その後Trippie Reddについての証言を行い、「曲はバイラルヒットした。YouTubeにアップロードしたら、もうどうにでもなれと思っていた」と語っている。“GUMMO”リリースの後Trippie ReddはChief Keefらと共に6ix9ineに向けたディス曲“I Kill People”をリリースし、その後Chief keefが6ix9ineらによってニューヨークで銃撃される事件が発生するなど因縁は長きに及んでいる。

裁判では他にも6ix9ineの仲間たちの犯行が次々と暴露されており、以前より彼が行なってきた密告が今回は公の場で行われたことになる。検察への協力によって6ix9ineがさらなる減刑を勝ち取ることも予想されるが、度重なる仲間への裏切りによって彼の身に迫る危険も大きくなりそうな気配だ。

related

Trippie Reddが最新作『Pegasus』からBusta Rhymesをフィーチャーした先行シングル"I Got You"のミュージックビデオを公開

昨年11月にリリースした『A Love Letter To You 4』が、全米チャート1位に輝いた現在21歳のラッパーTrippie Redd。次作『Pegasus』から、1stシングルとなる"I Got You feat. Busta Rhymes"をドロップし、ミュージックビデオも公開した。

6ix9ineが「俺の曲が長くヒットしないのは金を払ってラジオで流してもらっているから」と正直に告白

先週金曜日、出所後初となるアルバム『TattleTales』をリリースした6ix9ine。Lil Durkとのビーフとそれに伴う買収疑惑など相変わらずトラブルの渦中にいる彼が、インタビューで心境を語っている。

Lil Durkが6ix9ineのチームから彼とのビーフを300万ドルで要求されたと明かす

出所以来本格的な活動を再開し、Nicki Minajとのコラボ曲“Trollz”も話題となった6ix9ine。近日中にアルバムをリリース予定であることも報じられている彼が、Lil Durkに対して興味深い取引をもちかけたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。