6ix9ineが元ギャング仲間の裁判で証言を行う可能性が浮上

複数の強盗、殺人、薬物所持、銃器所持の罪によって未だに裁判の渦中に置かれている6ix9ine。先日は彼の元マネージャーShottiが15年の服役を命じられたことが明らかになったが、今回さらに6ix9ineの元ギャング仲間たちの裁判で彼が証言を行う可能性が浮上している。

XXLによると、6ix9ineが属していたNine Trey Gangsta BloodsのメンバーであるAnthony "Harv" EllisonとAjermiah "Nuke" Mackの二人が起こした暴行事件の裁判が近日中に予定されており、そこで彼が証言を行うと見られている。今週月曜日に連邦地方裁判所判事のPaul A. Engelmayerに向けて司法長官が発行した文書に、6ix9ineがギャングの中で「楽曲でお金を稼ぎ、それをメンバーに分配する」という役割を果たしていたことが記録されているという。検察側は、今回裁判にかけられる二人のテキストメッセージの中に6ix9ineとの関係が示唆されている部分があり、それを裁判における証拠として用いようとしているようだ。

以前も6ix9ineは自身が大きく関与していたニューヨークでのChief Keef銃撃事件の実行犯を密告していたことがあり、今回も検察側に立って証言をするということでギャングメンバーからの信頼を大きく損ないそうな気配である。

EllisonとMackの裁判は来週月曜に開始が予定されている。

RELATED

6ix9ineの元ギャング仲間が66ヶ月の服役を命じられる

昨年より強盗や麻薬所持、放火、殺人などの罪で拘留され裁判の真っ只中にある6ix9ine。そんな彼が所属していたギャングNine Trey Bloodsのメンバーであり、6ix9ineと共に逮捕され裁判にかけられていた人物に判決が下ったようだ。

6ix9ineへの判決が来年1月から今年12月に早まることに

強盗、殺人、麻薬所持、放火など9つの罪で起訴された6ix9ineへの判決が、当初予想されていた来年1月から今年12月に早まることが決定した。

6ix9ineが「出所すれば俺は以前よりも人気になる」と考えていることが明らかに

昨年に強盗や殺人、放火、麻薬所持などの罪で逮捕された6ix9ine。その後かつてのギャング仲間の罪を検察に密告するなどの司法取引を行い、それらが功を奏したのか、来年初頭に出所出来る可能性が濃厚なものとなった彼が、出所後の自身の前途に楽観的な考えを持っていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。