WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

XXLによると、Wileyは今週木曜日にBBC1Xtraの番組に出演。そこでDrakeに話題が及んだ際に、「アーティストたちはカルチャーのハゲタカに近づかないほうが良い」と発言。さらに「異教徒から離れて、金目当てで近づいてお前がダメになることを待ってる奴らとも離れた方が良い。奴らは全てが簡単だったときに現れたんだぜ」と語り、自分たちが育んできたカルチャーに安易に接近し、ブームになったタイミングで同じことをしようとする人々を批判した。

WileyはTwitterでもDrakeへのディスを行なっており、今週水曜日にも「OVOと契約するな。奴らはクソみたいなレコード契約を持ちかけて、Drakeの曲を手伝うために呼ばれるだけだ。奴らはお前が失敗するよう準備している」と発言している。

確かにDrakeはジャマイカにルーツが無いにも関わらずパトワを用いたラップをするなど、本来そちら側のカルチャーにいるアーティストたちから批判を浴びる要素は多いに持っている。しかし同時にDrakeと積極的にコラボするアーティストも存在し、実際に楽曲自体のクオリティは安定して高いため賛否両論あるのが現状である。「文化の盗用」といった言葉自体も議論の余地があるものではあるが、Wileyのように一つのジャンルのパイオニアであるような人々が彼を良く思わないこともある程度仕方がないことなのかもしれない。

Wileyが出演したBBC1Xtraの番組はこちらから聴くことが出来る。

related

Billie Eilishが自身とネットでやりとりをしているDrakeに対する「気持ち悪い」との声に反論

先日の2020年グラミー賞授賞式にて、主要4部門全てを含む5冠を達成する偉業を成し遂げたBillie Eilish。そんな彼女と個人的に親しくしているDrakeが、思わぬ批判を受けているようだ。

StormzyがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れるDrakeを称賛する

今年3月に来日公演を開催するUKのトップラッパーStormzyがCharlamagne tha Godとのインタビューで、DrakeがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れている事を称賛した。

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。