WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

XXLによると、Wileyは今週木曜日にBBC1Xtraの番組に出演。そこでDrakeに話題が及んだ際に、「アーティストたちはカルチャーのハゲタカに近づかないほうが良い」と発言。さらに「異教徒から離れて、金目当てで近づいてお前がダメになることを待ってる奴らとも離れた方が良い。奴らは全てが簡単だったときに現れたんだぜ」と語り、自分たちが育んできたカルチャーに安易に接近し、ブームになったタイミングで同じことをしようとする人々を批判した。

WileyはTwitterでもDrakeへのディスを行なっており、今週水曜日にも「OVOと契約するな。奴らはクソみたいなレコード契約を持ちかけて、Drakeの曲を手伝うために呼ばれるだけだ。奴らはお前が失敗するよう準備している」と発言している。

確かにDrakeはジャマイカにルーツが無いにも関わらずパトワを用いたラップをするなど、本来そちら側のカルチャーにいるアーティストたちから批判を浴びる要素は多いに持っている。しかし同時にDrakeと積極的にコラボするアーティストも存在し、実際に楽曲自体のクオリティは安定して高いため賛否両論あるのが現状である。「文化の盗用」といった言葉自体も議論の余地があるものではあるが、Wileyのように一つのジャンルのパイオニアであるような人々が彼を良く思わないこともある程度仕方がないことなのかもしれない。

Wileyが出演したBBC1Xtraの番組はこちらから聴くことが出来る。

RELATED

Drakeが自身の父親の主張に対して「俺は真実しかラップしていない」と返答

今やストリーミングの帝王として圧倒的な人気を誇るDrake。そんな彼は度々、楽曲の中で自身の父親との疎遠な関係やわだかまりについてラップしているのだが今回、ラジオ番組に登場したDrakeの父親が息子のラップについて事実と異なるという主張をし、話題になっている。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。