Drakeが「文化の盗用」という批判に対して応答する

しばしば音楽シーンにおいても他の文化圏から生まれたジャンルなどを、白人などが拝借して使用する、いわゆる「文化の盗用」が問題になっている。最近ではAriana Grandeが「七輪」という漢字をタトゥーにしただけで、批判されるなど時に過剰になりすぎるきらいもある、この話題。ダンスホールのアーティストなどから文化の盗用を指摘されることも多いDrakeが、BBCの1Xtraの番組に出演して、文化の盗用について語っている。

UKでもDrakeの名前は賞賛と同時に、批判されることも多く最近でもベテラングライムMCのWileyがDrakeを批判している。これに対しDrakeは「『あいつは文化の盗用をやっている』」と言われることもある。ただおれはこの言葉がどういう意味合いなのかわからないんだ。みんなは何かを認めたり、支持したりしないの?」と自身の行動は、純粋にその音楽が好きだからこそのものだと主張。

そして「文化の盗用」という批判は「ヘイターがするものだ」と指摘し、「おれは誰かの曲を褒めたり、さらに一歩進んで一緒に曲を作ろうとなった時に、賞賛する以外の形でサポートをするやり方がわからない」と述べている。

今回Drakeを批判しているWileyや以前批判をしていたSean Paulにせよ、Drakeと一緒に制作は行っていないアーティストで、ダンスホールシーンだとPopcaanや、UKだとSkeptaなどDrakeとコラボを行っているアーティストたちからはそうした声は聞かれてこない。それは一緒に制作をしたアーティストがDrakeのその気持ちを受け取っているからかもしれない。

RELATED

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。