Sean PaulがDrakeはダンスホールレゲエシーンを軽視しているとして再度批判

昨年に引き続き、盛り上がりが途絶えることの無いリディム・ムーブメント。そのムーブメントを作品に落とし込んだアーティストが増えている中、その流れを良く思わないダンスホールレゲエのアーティストがいる。

昨年The Gurdianのインタビューで、Sean Paulが"One Dance""Sorry"をリリースしたDrakeやJustine Biberに「ダンスホールのサウンドを使っているのに、そのサウンドがどこから来たかしっかりクレジットしていないし、それをする必要性も理解していない」と不満をぶつけたが、再度Sean PaulがDrakeを批判した。

そんなSean Paulの最新インタビューがイギリスに拠点を置くニュースサイトMetro UKで公開された

前回のインタビュー同様、"One Dance"をリリースしたDrakeに関してSean Paulは「"One Dance"がヒットした時に、ちゃんとクレジットを明記していれば、それはダンスホールカルチャーにとって栄誉のあることだった」とDrakeのダンスホールレゲエへの薄情さを批判した上で「Drakeは、ジャマイカでは数少ない人としかビジネスで組まない。それは良い」と話す。しかしDrakeがダンスホールレゲエについてちゃんと「これが自分の好きな音楽だ」と語れば「それはもっとクールなことだ」とPaulは答えた。

そして、話題は"Shape Of You"をリリースしたEd Sheeranに移る。Ed Sheeranはイギリスのシンガーソングライターで、今年『÷(ディバイド)』をリリースした。このアルバムに収録されている"Shape Of You"はリディム・ムーブメントを汲んだトロピカル・ハウスなビートで大ヒットしている。

その"Shape Of You"をSean Paulは「大ヒットしたダンスホールの様なトラック」と評する。「だけど、ダンスホールなトラックはアルバムにはこの1曲だけ。Drakeはアルバムの全曲をダンスホールなトラックにしているんだ」

「Drakeはダンスホールの遺産に敬意を払うべきだし、そのサウンドがどこから来たのかリスナーに教えるべきだ」と語った。この一貫したDrake批判も全て音楽への愛からくるものだという。

Sean PaulによるDrakeへの批判は今回で2度目になるが、Drakeは未だに反応を見せていない。

related

Drakeが製作総指揮、Zendayaが主演するドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』がU-NEXTで配信

HBOが気鋭スタジオA24とタッグを組み、Drakeが製作総指揮をとったドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』が、本日6/30(水)からU-NEXTで独占配信開始となった。

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。