The Notorious B.I.G.のクラシックアルバム『Ready To Die』の25周年記念ボックスセットが発売

不世出のラッパーThe Notorious B.I.G.が、1994年に発表した生前唯一のアルバム『Ready To Die』の、リリース25周年を記念した限定のボックスセットが登場する。

このボックスセットはライノ・レコーズとボストンのレーベルであり、ショップのGetOnDown.comが手を組みアルバムの全収録曲に2曲のボーナス・トラックを加えた9枚組の7インチシングルという内容。収められているアナログは黒・白・赤のカラー・ヴァイナルとなっていて、アメリカではオリジナル・アルバムの発売日と同じ9/13(金)にリリースとなる。

自伝的色合いの濃い同作は、主人公の誕生からストリートでの生活、そして自ら命を絶つまでの人生の軌跡が描かれている。Biggie自身の人生そしてドラッグ・ディーラーとしての経験を基に、主人公の人生へとリスナーを引き込んでいっている。

Info

『レディ・トゥ・ダイ:25周年記念限定盤ボックス・セット』

 

収録曲

【DISC 1】

Side 1: Intro / イントロ

Side 2: Things Done Changed / シングス・ダン・チェンジド

 

【DISC 2】

Side 1: Gimme The Loot / ギミ・ザ・ルート

Side 2: Machine Gun Funk / マシン・ガン・ファンク

 

【DISC 3】

Side 1: Warning / ウォーニング

Side 2: Ready To Die / レディ・トゥ・ダイ

 

【DISC 4】

Side 1: One More Chance / ワン・モア・チャンス

Side 2: Fuck Me(Interlude) / ファック・ミー(インタールード)

The What / ザ・ホワット

 

【DISC 5】

Side 1: Juicy / ジューシー

Side 2: Everyday Struggle / エヴリデイ・ストラグル

 

【DISC 6】

Side 1: Me & My Bitch / ミー&マイ・ビッチ

Side 2: Big Poppa / ビッグ・ポッパ

 

【DISC 7】

Side 1: Respect / リスペクト

Side 2: Friend Of Mine / フレンド・オブ・マイン

 

【DISC 8】

Side 1: Unbelievable / アンビリーヴァブル

Side 2: Suicidal Thoughts / スーサイダル・ソーツ

 

【DISC 9】

Side 1: Who Shot Ya? / フー・ショット・ヤ? ※・・・ボーナス・トラック

Side 2: Just Playing (Dreams) / ジャスト・プレイング ※・・・ボーナス・トラック

 

<アーティスト・ページ>

https://wmg.jp/notorious/

https://getondown.com/

 

related

Notorious B.I.G.が2020年のロックの殿堂にノミネート

ロックンロールに大きな影響や功績を残したアーティストやプロデューサーなどの記録が展示されているアメリカはオハイオ州にあるロックの殿堂。毎年、様々なアーティストが選ばれるが、来年のロックの殿堂にNotorious B.I.G.がノミネートされた。

ブルックリンにNotorious B.I.G.の名を冠した通りが遂に完成

以前よりアナウンスされていた、ブルックリンの通りにNotorious B.I.G.の名前をつけるというプロジェクト。今週月曜日の6月10日、予告通りにNotorious B.I.G.の通りが完成し、記念式典が行われたようだ。

Notorious B.I.G.の名を冠したニューヨークの通りが6月に完成することが明らかに

今月の始め、ニューヨークのスタッテン島に「Wu-Tang Clan地区」が完成し話題を呼んだ。彼らに続き、同じくニューヨークのレジェンドであるNotorious B.I.G.の名を冠した通りが来月に完成することが明らかとなった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。