Notorious B.I.G.が2020年のロックの殿堂にノミネート

ロックンロールに大きな影響や功績を残したアーティストやプロデューサーなどの記録が展示されているアメリカはオハイオ州にあるロックの殿堂。毎年、様々なアーティストが選ばれるが、来年のロックの殿堂にNotorious B.I.G.がノミネートされた。

今回、ノミネートされたのはNotorious B.I.G.が1994年にリリースしたアルバム『Ready to Die』。そもそも、ロックの殿堂に作品がノミネートされるには、その作品がリリースされてから25年以上経っていなければならない。『Ready to Die』は先述のように1994年にリリースされているので、ちょうど今年で発表から25年が経過したということでノミネートされたというわけだ。

もし彼が今回、殿堂入りを果たすと、これまで同賞を受賞してきたGrandmaster Flash and the Furious Five、Run-D.M.C、The Beastie Boys、Public Enemy、N.W.A、そしてTupacと錚々たるメンツに仲間入りを果たすことになる。ちなみにロックの殿堂と言われると、ロックバンドやロックンローラーが受賞するイメージを持つかもしれないが、あくまでロックへ与えた影響を称える賞であるため、必ずしもラッパーは受賞できないというわけではない。

すでに今週火曜日から、ネット上では投票が始まっており、Googleのブラウザにて自分のお気に入りのアーティスト名とともに‘vote'と入力するか、‘Rock Hall Fan Vote’と検索すると投票することが出来る。その他にノミネートされているのはWhitney Houston、Dave Matthews Band、Depeche Mode、The Doobie Brothers、Judas Priest、Kraftwerk、MC5、Motörhead、Nine Inch Nails、Pat Benatar、Rufus Featuring Chaka Khan、Soundgarden、T-Rex、Thin Lizzy and Todd Rundgrenの14組。投票期間は来年の1月までとなっている。

最後にラッパーがロックの殿堂を受賞したのは、2017年のTupacなので今回、Notorious B.I.G.が受賞すると3年ぶりにラッパーが殿堂入りすることになる。

2020年のロックの殿堂授賞式は来年の5月に開催される予定だ。

related

The Notorious B.I.G.のクラシックアルバム『Ready To Die』の25周年記念ボックスセットが発売

不世出のラッパーThe Notorious B.I.G.が、1994年に発表した生前唯一のアルバム『Ready To Die』の、リリース25周年を記念した限定のボックスセットが登場する。

ブルックリンにNotorious B.I.G.の名を冠した通りが遂に完成

以前よりアナウンスされていた、ブルックリンの通りにNotorious B.I.G.の名前をつけるというプロジェクト。今週月曜日の6月10日、予告通りにNotorious B.I.G.の通りが完成し、記念式典が行われたようだ。

Notorious B.I.G.の名を冠したニューヨークの通りが6月に完成することが明らかに

今月の始め、ニューヨークのスタッテン島に「Wu-Tang Clan地区」が完成し話題を呼んだ。彼らに続き、同じくニューヨークのレジェンドであるNotorious B.I.G.の名を冠した通りが来月に完成することが明らかとなった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。