CommonがKendrick Lamarをお気に入りのラッパーに挙げ「4枚のクラシックを作った」と絶賛

ここ最近Twitterで流行している「史上最高のラッパー50人」リスト。その流れで各々のお気に入りのラッパーを挙げる人が増える中、シカゴの大ベテランであるCommonも自身のフェイバリットを挙げ話題を呼んでいる。

Geniusによると、Power 106のインタビューに出演したCommonはパーソナリティのNick Cannonにお気に入りのラッパーを尋ねられ、「俺のフェイバリットはBiggie、Nas、Andre 3000、Kanye、そしてKRS-ONEを挙げなきゃいけないな。“The Teacher”だ」と回答。続けて、「Kendrickもそこに入れなきゃいけないな」と発言した。


Kendrickの名前を挙げたことに「あんたは彼をインスパイアしたんだよ」と興奮を露わにするNick Cannonに対し、Commonは「あの男は4枚のクラシックを作ったからな」と語っている。

Kendrick Lamarのアルバム『Section. 80』、『good kid, m.A.A.d city』、『To Pimp A Butterfly』、『DAMN.』の4枚はいずれも名盤として名高いが、やはりCommonもそれら4作の全てを気に入っているようだ。

Commonは以前もインタビューの中で「80年代と90年代の音楽は、本当にムーブメントを反映していた。それは黒人のエンパワメント、愛、コンシャスさで、意識を高く持つことだ。ヒップホップ全体がそうであるとは思わないし、ヒップホップが革命の声を聞く場だとも思わない。俺たちはそうやって変わってしまった。でも、Kendrick Lamarのようにそれをやり続けているアーティストもいる」として、彼のコンシャスさを賞賛していた。

90年代を代表するリリシストであるCommonと当代随一のリリシストKendrick Lamar。二人が共鳴していることに希望を感じるニュースであった。

related

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

Kendrick Lamarが2020年にニューアルバムをリリースする説

2017年にリリースしたアルバム『DAMN.』以降、約3年にわたって作品のリリースがないKendrick Lamarが来年ついにニューアルバムを発表するかもしれない。

今度はKendrick Lamarに替え玉疑惑が浮上

以前にはマスクを被ってライヴをするスタイルが災いし、A$AP Rockyに替え玉疑惑が浮上したことがあったが、今回、Kendrick Lamarにも替え玉疑惑が浮上してしまった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。