Snoop Doggが「Nipsey Hussleは2Pacが出来なかったことをやった」と語る

今年の4月、銃撃によりこの世を去った故Nipsey Hussle。今もなお、彼を惜しむ声が多くある中、人気ラジオ番組『The Breakfast Club』に登場したSnoop Doggが故Nipseyは現代の2Pacだったと語った。

今週水曜日、Power 105の『The Breakfast Club』に登場したSnoopは生前交流のあった故Nipseyについて聞かれ「Nipseyが持っていた魂は2pacが持っていた魂と同じで、人々と密な関係を築き、ただ還元しようとしていたんだ」と語り、続けて「俺が思うにNipseyはTupacが出来なかったことをやった。Nipseyは裾野を広げたんだ。440リレーでバトンを受け渡すようにね」と故NipseyがTupacの後を継いでいたと述べている。

また、Snoopは「俺は2Pacの魂はNipseyの中にあったんだと思う。Tupacが撒いた種だったんだよ。なぜならNipseyは2Pacみたいにラップはしないけど、Tupacみたいに活動していたからね」と語るとともに「彼(Nipsey)は愛らしかったが、同時にギャングでもあった。彼が子供達に対してやっていたこともコミュニティのためだった。Tupacがそうであったようにね」とも述べた。故Nipseyと故2Pacの両者ともと交流のあったSnoopだからこそ見える共通点なのだろう。

話題は、彼が先日リリースした最新アルバム『I Wanna Thank Me』に収録されている故Nipseyへのトリビュートソング“One Blood, One Cuzz”にも及んでいる。
「本当に本当に心が傷んだ」とNipseyが亡くなった当時のことを振り返った彼は続けて「その精神状態で曲を書くのは少し大変だった。彼(Nipsey)をどのように表現したらいいか分からなかった」と悩んでいたことを明かした。

さらにSnoopは故Nipseyのコミュニティへの愛について「彼はギャングの暴力を止めようとしていたんだ。彼はCripsの出身でギャングのメンバーを愛していた。でも彼はBloodsも愛していた。YGも愛していた」とNipseyがコミュニティ全体のことを気にかけていたことを明かし「Nipseyがフッドや色々な地域と結んだ絆は申し分ないものだった」と彼の功績を称賛した。

Snoopも言っているように故Nipseyは自身のコミュニティのために尽力していたが、最後は皮肉にもそのコミュニティで撃たれてしまった。改めて、このようなことが再度起こらないことを願う。

インタビュー全編は下の動画から見ることが出来る。

related

ブッキングしていないアーティストを出演者として発表した音楽フェスが問題に

悪名高き『FYRE Festival』を筆頭に、大きな音楽フェスを運営する際はトラブルが発生してしまうことも多い。そんな中、とあるフェスがブッキングしていないアーティストを出演者として発表していることが問題となっている。

Snoop Doggのヒット曲を子守唄風にアレンジしたアルバム『Lullaby Renditions of Snoop Dogg』がリリース

言わずと知れた西海岸のOG、Snoop Dogg。大人から若者まで幅広い世代からの人気を誇る彼の楽曲が、なんと赤ちゃんの子守唄として生まれ変わるようだ。

Snoop Doggが無名のブッキングエージェントを人種差別者だとして激しく批判する

11月11日、Snoop Doggは自身のInstagramに動画を投稿し、その中で無名のブッキングエージェントを人種差別主義者だとして激しく批判した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。