Red Bullによるその場限りのサイファーを収めた新企画『RASEN』の第二弾が公開 | Daichi Yamamoto、釈迦坊主、dodo、Tohjiが登場

日本の音楽シーンとも深い関係性を築いてきたRed Bullがスタートさせた新企画『RASEN(読み ラセン)』。多様化する日本の現在のヒップホップシーンにフォーカスした『RASEN』は、毎回異なるコンセプトでラッパーとビートメイカーを選出、その場限りのサイファーを収録し、YouTubeのRed Bull Musicチャンネルで公開していくという企画だ。

LEX、SANTAWORLDVIEW、荘子it、Taeyoung Boyが登場しビートをKMが提供した第一弾に続き本日第二弾が公開された。

第二弾に登場しているラッパーは、エクレクティックな音楽性も話題を呼び9月に1stアルバム『Andless』をリリースするDaichi Yamamoto、ビートメイカーとしても活躍し自身の主催イベント『TOKIO SHAMAN』も毎回満員御礼となっている釈迦坊主、アルバム『importance』をリリースし今年はFUJI ROCKにも出演したdodo、リリースしたばかりの1stミックステープ『angel』も大きな話題となっているTohjiの4名。ビートはアルバム『VVORLD』を今年リリースし、先日初のワンマンライヴを成功させたVaVaが提供している。

今回もRed Bullのサイトにはそれぞれのアーティストのインタビューも掲載されている。

Info

第二弾出演者
Daichi Yamamoto
釈迦坊主
dodo
Tohji
※登場順

Track Produced by VaVa

https://www.redbull.com/jp-ja/

related

【コラム】A New Form of Japanese Rap 2020|交差するラップとレイヴ

トラップのビートが一つのスタンダードとなり、メインストリームからアンダーグラウンドまでありとあらゆるシーンを席巻して何年も経つ。現行のラップミュージックのビートは大雑把に「ブーンバップ」と「トラップ」に二分されることが多いが、もちろんその大きな括りの中で様々なサブジャンルが生まれては消えることを繰り返している。

Daichi Yamamotoが5lackも参加した最新作『Elephant In My Room』を来週リリース | 先行シングル"Blueberry"も発表

昨年発表した1stアルバム『Andless』が大きな話題となったDaichi Yamamotoが、最新作としてEP『Elephant In My Room』を8/12(水)にリリースする。

ヒップホップの楽曲制作から配信、プロモーションまでを学べる『Beat, Flow and Promotion』が受講生の二次募集を受付中

Daichi Yamamoto、PARKGOLF、gummyboy、Tomggg、ASOBOiSMなどが講師として参加する、ヒップホップの楽曲制作から配信、プロモーションまでを学べる『Beat, Flow and Promotion』の、開講が9月に延期になったのを受けて受講生の二次募集を数枠のみ開始している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。