Daichi Yamamotoの1stアルバム『Andless』が9月にリリース | KID FRESINO、VaVa、中村佳穂などが参加しJJJをフィーチャーした"She II"のミュージックビデオも公開

今年、自身にとっても新境地となった"上海バンド"を手始めに、grooveman Spotがプロデュースしたシングル"Escape"を7月にリリースしたDaichi Yamamotoが1stアルバム『Andless』を9/4(水)に発売する。

アルバムのリリース発表と同時にJJJをフィーチャーした"She II"のミュージックビデオを公開した。この楽曲は2016年にSoundCloud上で発表され話題になるも正式リリースされなかった"She"の続編。ミュージックビデオは"上海バンド"や"All Day Remix"のYuki Horiがディレクターを務めており、Horiは『Andless』の写真やアート・ディレクションも務めている。

あわせてアルバム『Andless』の全貌も明らかに。ゲストにはJJJをはじめKID FRESINO、VaVa、Ai Kuwabara、そして同郷の中村佳穂が参加。プロデューサー陣にもJJJ、VaVa、grooveman Spot、Kojoe、KM、SHIMI from BUZZER BEATS、Taquwami、QUNIMUNE、okadada 、Arμ-2、dhrmaと幅広いラインナップが集結。どのような作品に仕上がっているかとても楽しみな作品なのは間違いないだろう。

Info

Artist: Daichi Yamamoto / Title: Andless
Label: Jazzy Sport / Cat No: DDCZ-2237 / File Under:Hip Hop CD
税抜上代: 2,500yen / 発売予定日: 2019.09.04

- Track List -
01. Dress Feat. Ai Kuwabara
02. Be Good
03. 上海バンド
04. Los Location Feat. VaVa
05. One Way
06. Crystal Feat. Kaho Nakamura
07. Champion
08. Sunday
09. Brown Paper Bag
10. Let It Be Feat. Kid Fresino
11. U.F.O
12. Escape
13. Concrete
14. School
15. She II Feat. jjj
16. How
17. Undress Feat. Ai Kuwabara

RELATED

WWW / WWW X / WWWβのニューイヤーパーティー『INTO THE 2020』にTohji、VaVa、GEZAN、okadada、¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$Uなどが出演決定

東京・渋谷のWWW / WWW X / WWWβを舞台に2020年へと突入するニューイヤーパーティー『INTO THE 2020』が開催決定。

みなとみらいの海と夜景が一望できる新ベニュー『Bayside Motion』のオープニングにKID FRESINO、ゆるふわギャング、kZmが登場

神奈川の新港ふ頭客船ターミナル横浜ハンマーヘッドの2 階にオープンした新店舗『Bayside Motion』のオープニングパーティーにKID FRESINO、ゆるふわギャング、kZmが揃って出演する。

JJJ、Aru-2、 Dos Monosなどが出演するイベント『Burn Rubber』が開催

11/22(金)に東京・恵比寿のLiquid LoftとTime Out Cafe & Dinerで、イベント『Burn Rubber』が開催となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。