Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

ComplexによるとDrakeはビートルズのアルバム『Abby Road』のジャケットを模したタトゥーを腕に彫っており、交差点を歩くビートルズの4人を自身が先導するイラストとなっている。これはチャート上の記録でビートルズを超えたことの記念に入れたものだと思われるが、そのタトゥーがビートルズファンの間で批判の対象となったようだ。

あるTwitterユーザーは「ビートルズはソーシャルメディアの広告無しで、7年であれを成し遂げ(Drakeは11年)、その後56年も音楽に影響を与えている。56年後のDrakeを見てみろよ。とにかく、このタトゥーは幼稚で生意気だ」としてDrakeはビートルズの足元にも及ばないことを指摘している。

他にもDrakeと異なりビートルズはSNSが無い時代に大ヒットしていたことを指摘する声が多く見られる。

先日は巨大な自宅の入り口を撮影した動画も話題となったDrake。巨大な富と成功を得たことをフレックスするのは人として当然の心理ではあるが、やはり反感を覚える人も多くいるのだろう。

RELATED

Tory LanezがCamp Flog Gnawでブーイングを受けたDrakeを「お前の出る幕は無かった」とからかう

先日開催されたTyler, The Creator主催の音楽フェスCamp Flog Gnaw。その2日目のヘッドライナーは事前の告知では伏せられており、多くのリスナーはここ最近動きが活発化してきたTylerの盟友Frank Oceanの出演を期待していた。しかし、実際のサプライズゲストはA$AP Rocky、Lil Uzi Vert、Drakeの三人。Frank Oceanを期待していた観客はDrakeのライブ中にブーイングを浴びせ、それを受けたDrakeが出番の途中でステージから姿を消してしまったことが話題となった。そんなDrakeが受けた気の毒な扱いについて、同郷であるトロント出身のラッパーTory Lanezが語っている。

Camp Flog GnawにDrakeがサプライズゲストとして登場するも観客からブーイングを浴びて降板

今週末の2日間に渡って開催された、Tyler,The Creator主催のフェス『Camp Flog Gnaw』。毎年、豪華なアーティストがラインナップに名を連ねることもあり、非常に人気のフェスだが今回、サプライズゲストとして登場したDrakeが観客からブーイングを浴びるという異例の事態が起きた。

Drakeが新会社を設立しマリファナビジネスに参入へ

Snoop DoggやWiz Khalifa、昨年にはJay-Zとマリファナビジネスを行っているラッパーが増えてきているが、ついにDrakeもマリファナビジネスに参入することが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。