T-Painが投資に失敗しバーガーキングを買うために金を借りなければならなかった時期があったことを明かす

最近ではJay-Zがラッパーとして初めて億万長者となるなど、現代においてアーティストが音楽以外のビジネスを行うことはそれほど珍しいことでは無くなってきている。しかし、新規ビジネスや投資は失敗のリスクが大きいこともあり、アーティストに限らず多くの人々が苦渋を舐めてきたのも事実だ。T-Painもその一人だったようで、先週金曜日に公開されたThe Breakfast Clubのインタビューにて、その当時の話を語っている。

インタビューで彼は以前に、様々なところに投資をしてしまったため、自身の新しいブガッティをディーラーに売り戻さざるを得なかった状況に陥っていたことを明かした。「俺はお金を使い果たしてしまったんだ」と話し始めたT-Painは続けて、「お金に夢中だったんだよ。俺は全く気にかけていなかったんだ。俺は自分の口座を見る必要なんて無いと思っていたんだ。それが悪い選択だった」と当時のことを振り返っている。その結果、「俺は子供達にバーガーキングを買ってあげるために金を借りる必要があった」と彼が語るように、相当困窮していたことを明かした。ここまで追い込まれる前まで、彼の口座には最高4000万ドル(約42億円)もの残高があったそうなので、相当な金の使い方だったようだ。

T-Painが行った投資の1つに不動産があったそうなのだが、その失敗についても語っている。彼は「そうそう。沢山の悪い投資をしてしまった、沢山だ、不動産とかね。俺はマネージャーにそれを任せてたんだけど、彼は俺よりもずっと楽観的だったんだ。でも彼(マネージャー)が買ったのはただの完全なゴミみたいな不動産だった。ペイントすれば大丈夫だろうと思ったんだけど、俺たちの不動産は1つも売れなかった」と語り、笑い飛ばした。

ラッパーは新規ビジネスや投資をやりがちなイメージがあるが、その中でも成功するのは一握りだということを思い知らされるとともに、親近感の湧くニュースであった。

インタビュー全編はこちらから見ることが出来る。

related

GeniusからT-Painの功績を紹介する記事が公開

オートチューンを用いるアーティストの走りとして一世を風靡し、現在のシーンにも影響を与え続けているT-Pain。そんな彼のキャリアと功績を紹介する記事がGeniusから公開された。

T-Painが観客にビーチボールをぶつけられたことに怒りライブを中断

パーティを盛り上げることに関してはお手の物であるはずのT-Painだが、ライブが上手くいかないこともあるようだ。

Joey Bada$$がPost Maloneの"Rockstar"のゴーストライターであることを明かす

Post Maloneが21 Savageをフィーチャーした大ヒットチューン"Rockstar"は、2人に初めての全米チャート1位をもたらしたが、この大ヒットチューンの意外な事実が判明した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。